井上岳志が初防衛 8回TKO勝ちに「練習の成果」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10

<ボクシング:日本スーパーウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇10日◇東京・後楽園ホール

王者井上岳志(27=ワールド)が8回TKOで初防衛に成功した。

同級1位長浜陸(25=白井・具志堅)の挑戦を受け、初回から強打で先手を取った。5回の公開採点でも1人がフルマークとリード。8回にセコンドがゴーサインを出し、パンチをまとめてロープに追い込むとレフェリーストップ。8回1分52秒TKOとなった。

4月にタイトル初挑戦で王座を獲得した井上は「相手はタフだったが、落ち着いていけて、相手をよく見ることができた。練習の成果」と満足しながらも「ジャブが少なかった」と反省も忘れなかった。斎田会長は「60点だが成長している。東洋太平洋やWBOアジア・パシフィックと、どんどん上に挑戦させていきたい」。チャンピオンカーニバルのV2戦前に、積極的に2冠目を狙っていくプランだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
V13具志堅超えに失敗した山中はタオル投入の暴走がなければ勝てていたのか
悔しい...山中 ネリのパンチは効かず「大したことない」
ネリ無敗王者、山中のパンチ「それほど力なかった」
竹原慎二氏「俺なら納得いかない...スポーツだな」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加