トッテナム会長レヴィ氏、ケインの過熱する移籍報道を否定「我々のもとに残る」

トッテナム会長レヴィ氏、ケインの過熱する移籍報道を否定「我々のもとに残る」

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/01/12
No image

ケインの移籍報道を否定したレヴィ会長 [写真]=Getty Images

トッテナムの会長ダニエル・レヴィ氏が、イングランド代表FWハリー・ケインについてコメントした。11日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

ケインは2017年の1年間で公式戦56得点を記録し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドら名だたる選手を抑え、欧州5大リーグでの最多得点を記録したケイン。しかし活躍の一方で移籍の噂は絶えない。

ケインとトッテナムとの現行契約は2022年までとなっている。とはいえ過去にクロアチア代表MFルカ・モドリッチやウェールズ代表FWガレス・ベイルがレアル・マドリードに移籍した過去もあり、レアル・マドリードが最有力と報じられることも多い。レアル・マドリード会長フロレンティーノ・ペレス氏も興味を示しているといわれている。そんな中、会長のレヴィ氏は、来シーズンもケインの残留を確信しているようだ。

「ケインは、我々のもとに残る。我々が残留を希望する全ての選手は来季もここでプレーする。ケインもそうだ。100パーセントの自信を持っている」

また、トッテナムはケインの年俸を約1000万ポンド(約16億円)に増額し、慰留に動くとも伝えられている。また、ケイン自身もチームに満足しているという。トッテナムで輝きを見せ続けるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アーセナル、12年在籍のFWがエバートン移籍へ。すでに現地入りか
サンチェスのマンU移籍の鍵を握る選手とは? 代理人が「彼の決断次第」
メッシが今後“超えるべき”記録。5大リーグ以外では通算500点以上も
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
フィギュアスケート金メダリスト「オリンピックは逃げ出したいのがノーマル」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加