食べてからのお楽しみ!5種の餅きんちゃくおでんの作り方【ぺこ男レシピ大公開vol.13(最終回)】

食べてからのお楽しみ!5種の餅きんちゃくおでんの作り方【ぺこ男レシピ大公開vol.13(最終回)】

  • オレンジページ☆デイリー
  • 更新日:2019/01/11

オレンジページで不定期連載している、白泉社とのコラボ漫画『はらぺこ男子飯』。

2017年1月17日号の『オレンジページ』からレシピ掲載が始まったこの企画ですが、今回が最終回になります。

最後のメニューももちろん!大学生男子が泣いて喜ぶガッツリ系メニュー!

その名も「食べてからのお楽しみ!5種の餅きんちゃくおでん」です☆

見た目は同じでも、ベーコンチーズ、納豆キムチ、つくね、卵カレー、ソーセージコーンと、5種類の味が隠れているスペシャル餅きんちゃく!

冬にぴったりのガッツリおでん、レシピを大公開しちゃいます。

No image

●材料【かなり多めの2人分】

油揚げ(約17×8cm)……10枚

切り餅……10個

大根(大)……6cm(約250g)

ゆで卵……2個

ちくわ(大)……1本

こんにゃく(アク抜きずみ)……1/2枚(約150g)

煮汁

┌だし汁……2l

┝酒……1/4カップ

┝しょうゆ……大さじ2

┝みりん……大さじ4

└塩……小さじ2

●下ごしらえ

大根は幅3cmの輪切りにして皮を厚めにむき、片面に十字に切り目を入れる。耐熱皿にのせて水小さじ1をふり、ふんわりとラップをかける。電子レンジで竹串がすーっと通るまで6分ほど加熱し、冷水にとってさます。ちくわ、こんにゃくは斜め半分に切る。

●2人分の作り方

1 .おでんの具を煮る

鍋に煮汁の材料を混ぜて中火にかける。煮立ったら大根、ちくわ、こんにゃくを加え、再び煮立ったら弱火で40分ほど煮る。ゆで卵を入れて火を止め、さましながら味をしみ込ませる。

2.餅きんちゃくの具を詰めて煮る

油揚げは短い一辺を5mmほど切り落とし、切り口に指を入れて、破らないよう少しずつ開いて袋状にする※。たっぷりの熱湯で2分ほどゆでて油抜きをし、ざるに上げてさまして水けを絞る。油揚げ1枚に切り餅1個を入れ、左記の〈具〉をそれぞれ等分に詰め、口をつま楊枝で留める。1の鍋を中火にかけ、煮立ったら餅きんちゃくを入れ、12~13分煮る。

No image

●それぞれの具の材料

☆ベーコンチーズ

〈具〉ベーコン(3等分に折る) 2枚、ピザ用チーズ 40g

No image
No image

☆納豆キムチ

〈具〉納豆(付属のたれを混ぜ合わせる) 1パック、白菜キムチ(ざく切り) 40g

No image
No image

☆つくね

〈具・すべて混ぜる〉鶏ひき肉 80g、万能ねぎの小口切り 大さじ2、塩 少々

No image
No image

☆卵カレー

〈具〉卵 2個、カレー粉 小さじ1/2、 塩 少々

No image
No image

☆ソーセージコーン

〈具〉ソーセージ(縦半分に切る) 2本、ホールコーン(缶詰・缶汁をきる) 大さじ4

No image
No image

和風のイメージがあるおでんですが、ベーコンチーズやカレー味も意外とだしと合っておいしいですよ!

闇鍋っぽい魅力もある(?)このメニュー、ぜひ作ってみてくださいね。

No image

この連載は終わってしまいますが、はらぺこ男子たちの食欲とがっつりメニューのおいしさは永久に不滅!

お腹がぺこぺこに空いたときはぜひ、これまでオレンジページデイリーで公開してきたぺこ男レシピを参考にしてみてください♪

料理/市瀬悦子、撮影/澤木央子、スタイリング/阿部まゆこ、文/編集部・吉藤

(『オレンジページ』2019年1月17日号より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イタリアンでオシャレに!? 湯豆腐の日替わりアレンジ4選
マツコが「マジでうまい」と唸ったカップラーメンちょい足しレシピ 試したらすんごかった!
チャーハンやカレーもベジスイッチ!ごはんに見えても実は野菜【レシピ付き】
〈粉豆腐〉で作る! 糖質カットのパウンドケーキ
残り野菜の消費に◎おいしい「浅漬け」の基本をマスターしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加