イタリア警戒もインデックス買いでじりじり上昇

イタリア警戒もインデックス買いでじりじり上昇

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01
No image

株式会社フィスコ

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;18722.38;+413.90TOPIX;1496.80;+27.37

[後場の投資戦略]

日経平均は寄付き後もじりじりと上げ幅を拡大させてきており、1月4日以来の水準を回復してきている。ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>が3%を超える上昇となるなど指数インパクトの大きい値がさ株がけん引する格好となっている。日経平均はマドを空けて上昇し、その後も200円を超える上昇みせており、過熱感が警戒されやすいだろう。ただし、価格帯別出来高では商いが薄い水準であるため、1月4日のザラバ高値18951.12円が射程に入ってくることになりそうだ。

一方でイタリア政府は憲法改正の是非を問う国民投票を12月4日に実施する。ブレグジットとドナルド・トランプ氏の次に来るのはイタリアとの見方もされている。英国、米国に続く次の舞台としてイタリアの国民投票に注目が集まるなか、物色を手控える動きにつながる可能性がありそうだ。そのため、指値がそれ程膨らまないなかで、インデックスに絡んだ商いで指数を押し上げてくる可能性もあるだろう。
(村瀬智一)

<MA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
脱ぐとき凄かった。サソリの脱皮シーンを早回しで(節足動物注意)
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
No.1商品、競合買収...「絶好調」アース製薬社長が語る「肯定力」
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
孫社長がトランプ氏と会談 米に5兆円規模投資
  • このエントリーをはてなブックマークに追加