山田洋次監督 監修の舞台「母と暮せば」発表 「繰り返し上演」期待

山田洋次監督 監修の舞台「母と暮せば」発表 「繰り返し上演」期待

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/17

山田洋次監督(86)が16日、都内で行われた監修を務めるこまつ座の舞台「母と暮せば」の製作発表に出席した。同作は、故井上ひさし氏が生前に果たせなかった構想を山田監督が受け継ぎ、映画として吉永小百合(73)が母親、「嵐」の二宮和也(34)が長崎の原爆で亡くなった息子を演じ2015年に公開された。

No image

舞台「母と暮せば」の製作発表に出席した(左から)こまつ座代表の井上麻矢さん、監修の山田洋次監督、「父と暮せば」に出演の伊勢佳世、山崎一

舞台は畑澤聖悟氏(53)が戯曲を手掛け、富田靖子(49)と松下洸平(31)の2人芝居となる。山田監督は「優れた作家だからかなり安心している。井上さんとも僕とも違うものを作って、繰り返し上演されるものになればうれしい」と期待を寄せた。公演は10月に東京・新宿の紀伊国屋ホールでスタートし、12月まで全国各地を巡演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「嫌いなジャニーズ2018」1-15位を発表!
ブルゾンちえみ、サンドウィッチマンに挟まれるも“後ろの人”に注目集まる
TOKIO山口達也、日本テレビも出演見送り 「ZIP!」ほかレギュラー多数
丸山桂里奈「バストトップ全開」シーンも納得の“性事情”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加