相場の下落に不安を覚える投資家へ

相場の下落に不安を覚える投資家へ

  • MONEY PLUS | くらしの経済メディア
  • 更新日:2019/05/22

10連休を終え、新元号になって最初の月の5月。連休明けから日経平均株価は続落し、5月は最初の営業日から6営業日連続で前日比マイナスとなり、その間の下落幅は1,000円を越えました。5月15日に初めて前日比プラスで取引を終えましたが、米中貿易戦争の結論は未だに見えておらず、今回の続落を受けて不安になっている投資家も多いと思います。

また、これから投資を始めてみようと思っていた人たちにとっても、やはり投資は恐い、危ないという印象を持ってしまったかもしれません。しかし、相場は常に上下に波を打つもので、一方方向にずっと動き続けるものではありません。今回は投資家がいつも心掛けるべきことを共有したいと思います。

相場に絶対は存在しない

連休前には様々な相場見通しが語られていました。前例がないほどの長い連休なので、過去のデータに基づいて連休明けは大きく下落する可能性が高いという声もあれば、新元号開始でご祝儀相場になるという声もありました。

前者には一応根拠はあります。過去10年の連休前と連休明けの日経平均株価の騰落率をみると、上昇したのが3年、下落したのが7年となっており、下落した方が多いのです。しかも、下落した7年のうち5年は1.0%以上下落しており、連休前にポジションを一時的に現金に戻すことを推奨する声もありました。

しかし、後者については昭和から平成に代わる時と、平成から令和に移行する現代では明らかに状況が違っており、すこしオカルトチックな意見でしかありません。

このように、プロと呼ばれるような人々がさまざまなシナリオを語っていましたが、蓋を開けてみれば連休後は大きく続落し、その原因はトランプ大統領がtwitterで中国への関税率を引き上げると呟いたことがキッカケでした。

プロがさまざまなデータや経験則を用いても相場の先行きを正確に予測することはできません。これまでに何度も書いてきましたが、相場の先行きや株価の動きについて「絶対」という言葉を使う人は信じてはいけません。

相場の波にまどわされない

誰も正確に予測できないのが相場ですが、常に上下に波を打ちながら動いていることは日経平均株価のチャートを見ればわかります。この波が投資家の心理をまどわせるのです。そして、上昇するときはコツコツと上昇していき、下落するときは一気にガクッと下がるのがまた、投資家の不安を煽りやすいのでしょう。

不規則に波打つチャートばかりを眺めていると、上がり始めた時に根拠もなく自分も買ってみようと投資したり、数日続落しただけで焦って売ってしまったりと、相場の動きを後追いする形になりがちです。このようなスタイルはなかなか良い成績を残せません。

投機ではなく投資で資産運用することが目的であれば、割安で利益の成長余地の大きいものに長期の視点で投資をします。何年も投資をしていると、予期しないイベントが起こり、相場全体が大きく下落することもありますが、明らかに割安なところまで株価が下がると、環境が落ち着くころに賢い投資家が投資をしてきます。過去の大きな下落のあとをチャートで確認してみてください。過去の実績が上記のことを証明していると思います。相場の波に惑わされず、割安で利益成長が期待できるものを長期で保有するのが重要なのです。

割安は分かりやすい指標

過去にも書いたことがありますが、株価を評価する際の指標の中で、割安という考え方は非常にわかりやすいものです。細かくは書きませんが、1つの例を見てましょう。たとえば、純資産が200億円の企業があるとします。リーマンショックのような世界的な金融危機の煽りを受けて、同社の株価も大きく下がり、時価総額が150億円まで下落したとします。あくまで「理論上は」という話ではありますが、この場合はこの企業の株価はあり得ないレベルで割安ということになります。なぜなら、理論上は150億円で100%の株を買い切り、そのまま売ってしまえば200億円になり、ノーリスクで50億円のリターンを得られるからです。

「理論上は」と何度も言っているのは、実際に100%の株式を買うのは難しかったり、資産の売却にもコストはかかるからなのですが、ここでは割愛します。簡易的な計算ですが、割安かどうか判断することは大事だと考えています。

そこで、割安な株価が付けられている企業の中で、なおかつ「利益の成長期待が大きい」というもう1つの評価軸で見てみるのです。実際に増収増益の企業で、そんなに割安に放置されている企業なんて存在するの?と思う人もいるかもしれません。数字上そのような企業は現時点でもありますし、世界同時株安のような局面になればその数は増えてきます。

しかし、繰り返しますが相場の先行きは誰にもわかりません。優良割安株であっても、世界的に株式市場が大きく下落すればつられて大きく下落するかもしれませんし、他にもっと上昇している株があれば、そっちにお金は流れ、割安のまま放置されてしまうでしょう。だから、「長期」的な観点で投資をして、時間を味方につける必要があるのです。

自作のシナリオは過信しない

誰も予測できないから、シナリオを立てて相場を予想することは無駄だという人がいます。それはそうかもしれませんが、筆者は無駄ではなく、データを分析したり、実際に取材をしてみたりして、シナリオを立てること自体は重要な作業だと思っています。

自分の立てたシナリオを念頭に置きながら相場を見ると、当たることも外れることもありますが、当たった時も外れた時も何が正しくて、何が間違っていたのかを検証し、それを繰り返していくことで、正確に予測はできなくとも、大きく誤った判断は避けられるようになると思います。

問題なのは自作のシナリオに固執すること。前述の通り、誰にも正確に予測はできないと念頭に置いた上で、それでもトレーニングの一環としてシナリオを立てていく感覚でデータ分析などを行うのがよいのでしょう。

相場は上下に動き続けますし、予想が当たることもあれば、外れることもあります。しかし、そのような波に惑わされずに、割安で成長期待できるものを長期で保有する投資スタイルが非常に重要だと覚えておきましょう。

(森永康平)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
筧美和子、豊満Eカップボディ炸裂! ピチT姿の胸チラに男性ファン大興奮&大感謝
マツキヨが反撃...? ドラッグストア「大再編」でこれから起きること
都道府県魅力度「上昇率」ランキング!3位宮崎、2位群馬、1位は?
セブンイレブンは加盟店への“ひどい仕打ち”をやめるべき...近隣地域への多店舗出店も問題
インターネット消費はスマホ決済が拡大!-伸びている分野と伸びない分野は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加