超党派議連が靖国神社に参拝

超党派議連が靖国神社に参拝

  • 産経ニュース
  • 更新日:2019/08/15

超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)は15日午前、終戦の日に合わせ、東京・九段北の靖国神社に約50人が集団参拝した。

議連によると、大半が自民党議員で、日本維新の会とNHKから国民を守る党の議員も参拝した。

尾辻氏は参拝後に記者会見し、安倍晋三首相が平成25年12月以来、参拝していない現状について「首相はお参りをしたいと強く思っている1人だと信じている。お参りなさらないことは国益を考えてのご判断だろう」と語った。

No image

74回目の「終戦の日」。靖国神社を参拝する丸山穂高衆院議員=15日午前、東京都千代田区(川口良介撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安倍首相、イラン・貿易で議論主導なるか 仏でG7サミット
衆参両院で広がるバリアフリー化 介護支援での課題も
安倍首相、内閣改造「大幅」で検討=人選、政権総仕上げ意識-二階幹事長の処遇焦点
出たとこ勝負の浅はかな、韓国の日本外し!
自衛隊派遣や消費増税...約半数「反対」ANN世論調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加