井上岳志が初防衛 8回TKO「連打を出せたのが勝因」

井上岳志が初防衛 8回TKO「連打を出せたのが勝因」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

初防衛に成功した井上岳志

「ボクシング・日本スーパーウエルター級タイトルマッチ」(10日、後楽園ホール)

王者・井上岳志(ワールドスポーツ)が指名挑戦者で同級1位の長浜陸(白井・具志堅スポーツ)を8回1分52秒TKOで下し、初防衛に成功した。

1回から積極的に上下を集める王者は手数で圧倒。ワンツー、アッパー、フックとたたき込むが、タフな挑戦者は顔色を変えない。それでもポイントは圧倒的に積み上げた。

中盤以降も流れは変わらず、井上の攻勢が止まらない。8回、長浜をロープに詰めて連打を重ねたところでレフェリーが試合を止めた。

井上は「(長浜は)強い相手と聞いていたけど想像以上にパワーがあってタフでした。(8回は)スタミナを振り絞ろうと連打を出せたのが勝因だと思う」と振り返った。今後については防衛はもちろん「機会があれば東洋やWBOアジアパシフィックも狙いたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豊田真奈美「気力で突っ走る」10・22関西ラストマッチをPR
“前代未聞の最もチャラい大会”で日本一の“コンパ集団”が決定 歌舞伎町ホスト、渋谷パリピ軍団、よしもと芸人、ギラギラ経営者などが競う<優勝は?/13組結果一覧>
中邑真輔「日はまた昇る」昇格4カ月で頂点あと1歩
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
亀海 ロサンゼルス入りで調整に自信「日本より過ごしやすい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加