初のソロ作リリースのラム・オブ・ゴッドのマーク・モートン、スラッシュに客演を依頼していた? ガンズのツアー中に参加を打診

初のソロ作リリースのラム・オブ・ゴッドのマーク・モートン、スラッシュに客演を依頼していた? ガンズのツアー中に参加を打診

  • rockinon.com
  • 更新日:2019/03/15
No image

ラム・オブ・ゴッドのマーク・モートンが、ガンズ・アンド・ローゼズスラッシュにソロ・アルバムへの客演を依頼していたことが明らかとなった。

「Rocksverige」のインタビューを報じた「Blabbermouth」によると、マークは自身のソロ・アルバム『アネスセティック』への客演をスラッシュに頼んだ経緯を、次のように説明していたとのことだ。

スラッシュと親しくて、2~3度ほど話をしたことがあったんだ。俺が知っているところでは彼はラム・オブ・ゴッドのファンで、ためらわずに「曲を送ってもいいか」と聞けるぐらいメールのやり取りをしてた。

スラッシュがガンズとツアーしてた時だったと思うんだけど、連絡を取ったら「ああ、考えとくよ。忙しいけど時間を見つけられそうだったら、トラックを送って聞かせてくれ。そこからだな」って返事をくれたんだ。

しかし、スラッシュと連絡が途絶えてしまったため、送ろうと思っていた曲のギター・ソロを自分で収録し、そのソロが気に入ったこともあり、結局はスラッシュに曲を送らずじまいだったと語っている。

現地時間3月1日にリリースされた『アネスセティック』には、リンキン・パークの故チェスター・ベニントンとトリヴィアムのパオロ・グレゴリートとアレックス・ベント、パパ・ローチのジャコビー・シャディックス、アルター・ブリッジのマイルス・ケネディ、ストーン・サワーのロイ・メイヤーガ、KOЯNのレイ・ルジャー、アリス・イン・チェインズのマイク・アイネズが参加している。

マークは同新作を引っさげ、3月13日よりバージニア州リッチモンドからLIGHTTHE TORCHと全米ツアーを開始する予定となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伊藤千晃、初のミニライブでファンクラブツアー開催をサプライズ発表
AKB48グループ歌唱力“TOP9”が生バンドライブ “歌姫”は新ボーカル選抜曲を熱望
高橋一生が宮本浩次プロデュースでドラマ主題歌を歌う「未だに夢のよう」
西城秀樹オールタイムベスト、解説は伊藤政則
「リアル双子ダンス」でブレイクした美人双子モデル“りかりこ”が、真心ブラザーズプロデュースの新曲をリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加