「オトナ高校」校歌が完成!三浦春馬ら総出演の特別MV先行フル公開

「オトナ高校」校歌が完成!三浦春馬ら総出演の特別MV先行フル公開

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/11/14
No image

なぜか切ない?、三浦春馬ら出演者が歌う「オトナ高校校歌」MVを先行フル配信 (C)テレビ朝日

深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)ら、異性との性経験がない30歳以上の不器用な大人たちの“学園ドラマ”「オトナ高校」(毎週土曜夜11:05-11:59、テレビ朝日系)。オリジナルの校歌が完成し、特別に作られたMVが先行で公開されることが分かった。

【写真を見る】歌詞には「オトナ高校」らしい際どいワードもが連発で、三浦や黒木らも複雑な表情に!?

今回公開される校歌は、11月18日(土)に放送される第5話で、思わずじーんとするプロセスを経て作られることに。歌詞には“入学から今までの印象的なエピソードを彷彿とさせるワード”が散りばめられ、「オトナ高校」ファンの目頭を熱くさせること必至だという。その一方、“捉え方によってはオトナな何かを連想させるワード”もチラホラ見え隠れするなど、実に「オトナ高校」らしい校歌に仕上がっている。

番組では特別にフルサイズのミュージックビデオを制作。そして、第5話の放送に先駆け、11月14日(火)よりYouTube「テレ朝チャンネル」」にて先行フル公開される。

MVには三浦、高橋克実、竜星涼、松井愛莉、山田真歩、夕輝壽太、杉本哲太、正名僕蔵、黒木メイサらレギュラーキャストが総出演。校歌を歌う姿はもちろん、第1話から第5話までの名シーンも惜しみなく詰め込こまれている。卒業アルバムをめくるかのように、何だか懐かしく、甘酸っぱい気持ちになる「オトナ高校校歌」のMV。これをフル鑑賞した後に今週放送の第5話を見れば、登場人物たちへの思い入れもさらに強くなり、感動も笑いも倍増するかも?

■ 第5話(11月18日[土]放送)あらすじ

オトナ高校に“王子”を自称する童貞・岩清水叶(城田優)が入学してきた。この岩清水の親とは、ほかでもないオトナ高校を創った総理大臣だった。校長・嘉数喜一郎(杉本哲太)は「王子の童貞&オトナ高校卒業こそ最大の使命!」と、あからさまな特別扱いを公言。“卒業させたらボーナス支給”に釣られたエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井)は、さっそく岩清水を誘惑し始め、永遠のスペア処女・園部真希(黒木)までもが積極アプローチ!? 彼女たちを異性として意識しているエリート童貞・荒川英人(三浦)は、この状況に心中穏やかではない。

一方、岩清水は総理の御子息パワー全開でやりたい放題。授業を次々とボイコットするわ、校則は無視するわ…と、オトナ高校の風紀をことごとく乱し、ついには学級崩壊に。そんな折、英人と55歳童貞部長・権田勘助(高橋)は、岩清水のある噂を耳にする。果たして王子がひた隠す“切ないヒミツ”とは…?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広瀬すず、快進撃はまだまだ続く 朝ドラ100作目「夏空」で“原点のようなヒロイン”に「新しい風を吹かせたい」
NHK朝ドラ、新ヒロインに「ガッキー待望論」
かまいたち濱家が妻の心つかんだ“抱けるメシ”、銀シャリ鰻が紹介
テレ東、日曜ビッグでお宝発見?ゴミ屋敷から3000万円ロールスロイス
とんねるず、ナイナイ終了 後番組は「元SMAP3人の旅モノ」か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加