【J1採点&寸評】新潟2-4鹿島|大逆転劇の立役者になったレアンドロがMOM!新潟は後半の出来が...

【J1採点&寸評】新潟2-4鹿島|大逆転劇の立役者になったレアンドロがMOM!新潟は後半の出来が...

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

【警告】新潟=D・タンキ(19分)、小泉(45+2分) 鹿島=三竿健(26分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】レアンドロ(鹿島)

No image

【警告】新潟=D・タンキ(19分)、小泉(45+2分) 鹿島=三竿健(26分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】レアンドロ(鹿島)

No image

【警告】新潟=D・タンキ(19分)、小泉(45+2分) 鹿島=三竿健(26分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】レアンドロ(鹿島)

No image

【警告】新潟=D・タンキ(19分)、小泉(45+2分) 鹿島=三竿健(26分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】レアンドロ(鹿島)

[J1リーグ26節]新潟2-4鹿島/9月16日/デンカビッグスワンスタジアム

【チーム採点・寸評】

新潟 5

前半立ち上がりに鹿島の出鼻を挫く形で先制し、終了間際にも追加点。2本のシュートで2得点と堅守速攻が際立ったが、後半に入ると積極性を欠く内容に終始。残留へ向け光明が見えた前半だっただけに、残念な結果に。

【新潟|採点・寸評】

GK

1 大谷幸輝 5.5

前半は幾度もピンチを好セーブで死守。劣勢になった後半は早い時間で失点し、立て直せなかった。

DF

8 小泉 慶 5

後半は自分が担当するサイドからやられ、守備が総崩れ。プレスも甘く、裏を取られる守備も散見。

44 大武 峻 5

前半は堅守も後半に一気に崩れた。クリアミスでピンチを招くなど、鹿島の猛攻に耐えられず。

50 富澤清太郎 5

前半が堅守を見せたが、後半開始直後の失点のCKの場面では、レアンドロをフリーにしてしまった。

27 堀米悠斗 5.5

対峙する伊東に何度もクロスを放り込まれたが、対応できず。カバーリングもおろそかだった。

MF

6 磯村亮太 6

45分に中盤のエアポケットを突いて前線に上がり、正確なラストパスを配球。後半は良さが消えた。

13 加藤 大 5.5(75分OUT)

前半は効果的なパスを配球したが、後半は中盤のバランスを保つことができなかった。

7 ホニ 6(83分OUT)

右サイドからの突破で鹿島に脅威を与え続け、前半終了間際には価値ある追加点を決めた。

40 小川佳純 5.5

冷静かつ正確なパスで先制点をアシスト。劣勢の後半は守備に追われて持ち味が消えた。

9 山崎亮平 6

右サイドから正確なパスを前線に通し、D・タンキの先制点をお膳立て。攻撃で奮闘していた。

FW

11 ドウグラス・タンキ 5.5(66分OUT)

開始直後の決定機はGKに当てながらもしっかりと決めて流れを作ったが、後半は姿を消していた。

交代出場

FW

39 富山貴光 5(66分IN)

後手に回った状況を打開するために投入されたが、ボールが収まらず。役割をまっとうできなかった。

MF

34 原 輝綺 5.5(75分IN)

ビルドアップに正確性を欠くパスがしばしば見られた。周囲との連係も悪く、積極性もなし。

MF

17 伊藤優汰 ―(83分IN)

持ち味を発揮するには時間が足りなく、状況が悪すぎた。鹿島の攻勢に飲まれ込まれた。

監督

呂比須ワグナー 5

前半のカウンター狙いは奏功した。しかし、守勢に回った後半は打つ手がなく、リードを守りきれず。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。【チーム採点・寸評】

鹿島 6

前半に限っていえば、相手の戦術にはまってしまった。ハーフタイムに指揮官が檄を飛ばし、チームは再生。後半は立て直し、首位と最下位の力の差を見せつけた。後半だけ見れば、優勝が近く感じる内容だった。

【鹿島|採点・寸評】

GK

21 曽ケ端準 5.5

完全に崩されては致し方ないものの、1失点目は身体に当てただけに防ぎたかったところ。

DF

24 伊東幸敏 5.5

積極的な攻撃は見せていたが、DFとしての本職では後手に回るシーンも見られた。

5 植田直通 5.5

スピードへの対応はできていたものの、安易にFWの動きにつられピンチを招くプレーもあった。

3 昌子 源 6

前半はリスクマネジメントへの注意を欠く場面が散見。後半は守備を立て直し、堅守を見せた。

22 西 大伍 6

前半は攻撃に偏重し守備のバランスを崩したが、後半はそれが奏功し、同点弾をお膳立てした。

MF

20 三竿健斗 5.5

前半は中盤のマークを掴みきれずに、速攻を許してしまった。次節のG大阪戦は警告累積で出場停止。

4 レオ・シルバ 6

古巣との対戦でそつなくプレー。機を見た攻め上がりで、ゴールも積極的に狙った。11 レアンドロ 7(86分OUT)

MAN OF THE MATCH

自身のミスで先制点を与えたが、後半はハットトリックの活躍でミスを帳消しにした。

8 土居聖真 5.5(89分OUT)

対峙するホニの運動量ある上下動に対応できず。攻撃では起点となったが、守備は後手に回り続けた。

FW

33 金崎夢生 6

精度は欠いたが、両チーム最多5本のシュートを放ち、常にゴールへの意識を持ち続けた。PKで1ゴールをマーク。

14 金森健志 5.5(61分OUT)

数度の決定機を生かし切れず。39分の好機は積極性を欠き、42分は枠を捉えきれなかった

交代出場

MF

30 安部裕葵 6 (61分IN)

途中出場でも持ち前の適応能力でうまく流れに乗った。トリッキーな動きで相手を翻弄

DF

16 山本脩斗 ―(86分IN)

天皇杯浦和戦に向け、ベンチスタート。終盤の途中出場でも無難にプレーした。

MF

6 永木亮太 ―(89分IN)

土居と交代でピッチに立ったが、前節の大宮戦同様に残り時間少なく、見せ場はなし。

監督

大岩 剛 6

後半にチームを生き返らせたが、前半は低調な出来で「反省しなければいけない」と語った。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“来季昇格できない”沼津がJ3首位に! 彼らはなぜ熱く、勝利へ邁進できるのか
[プレミアリーグWEST]FW満田が2試合連続ハット!エース復調の広島ユースが暫定首位浮上
J1 第26節ベスト11発表! 新潟戦でハットトリックの鹿島MFレアンドロらを選出
【鹿島の深層|石井正忠×岩政大樹#1】"外"から見た鹿島の印象は?クラブの歴史を知り尽くしたOBが大いに語る!
世界の常識から外れたJリーグ...監督交代ラッシュから見える“特殊性”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加