最新ランキングをチェックしよう
1年~2年で、PM2.5大気汚染は改善する? - 九大が調査

1年~2年で、PM2.5大気汚染は改善する? - 九大が調査

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/14

九州大学(九大)は、中国でのPM2.5排出量・濃度の減少と化学輸送モデルによるソース・リセプター解析を使って調査した結果、中国でのPM2.5排出減少率がこのまま継続すると、1年~2年の内に日本国内でのPM2.5高濃度越境問題は改善に向かうと考えられると発表した。

同成果は、同大 応用力学研究所の鵜野伊津志 教授によるもの。詳細は、「大気環境学会誌」などに掲載された。

中国北京周辺での高濃度大気

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加