巨人、寺内が決勝打!阿部は通算2000安打まであと3本

巨人、寺内が決勝打!阿部は通算2000安打まであと3本

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/10

(セ・リーグ、巨人5-2阪神、16回戦、巨人9勝7敗、10日、東京D)巨人は2-2の同点で迎えた八回二死満塁から、寺内崇幸内野手(34)が阪神3番手のマテオから勝ち越しの左翼線2点適時二塁打を放ち、逆転勝ち。また阿部慎之助内野手(38)は七回に二遊間へ内野安打を放ち、通算2000安打まであと3本とした。3番手のスコット・マシソン投手(33)が3勝目(2敗)、抑えのアルキメデス・カミネロ投手(30)が20セーブ目を挙げた。

巨人は内海、阪神はメッセンジャーが先発。

阪神は二回、中谷が四球で出塁し、鳥谷の右前打で一、三塁。大和は三振に倒れたが、梅野が左前適時打を放ち、1点を先制した。メッセンジャーの投犠打で二死二、三塁とすると、俊介の右前適時打で1点を追加した。

巨人は五回、長野が左翼席に12号ソロを放ち、1点差とした。六回は内海への代打・石川が右翼線三塁打を放ち出塁。陽は三ゴロに倒れたが、マギーの右犠飛で石川が生還し、同点とした。

No image

7回、投手強襲の内野安打を打つ巨人・阿部=東京ドーム(撮影・吉澤良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シーズン100安打達成回数から見る好打者の系譜...現役最多、歴代最多は?
【野球】阪神・藤浪、タオル投入の意味...死球受けた大瀬良は笑顔を送った
西武栗山が代打サヨナラ弾「優勝、あると思います」
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加