サトノダイヤモンド栗東CWで初時計1F11秒6

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15

凱旋門賞・仏G1(10月1日・シャンティイ)に向け、サトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江)が10日、栗東CWで帯同するサトノノブレス(7歳オープン)と併せ馬を行った。

半マイルから僚馬を追走し、4F53秒0-11秒6。0秒1遅れのフィニッシュに「反応の鈍さは多少あったけど、来週に向けての足慣らしはできた」と兼武助手。「体つきもこれからシュッとしてくるでしょう」と明るい表情を浮かべていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コードブルー、山Pの「結婚観セリフ」にツッコミ殺到!
【衝撃】新千歳でハイジャック!と思ったら「松山千春」だったと話題に
大阪桐蔭との試合で1塁手の足を蹴っていた!? 仙台育英の選手の走塁がネットで議論・炎上中
「イッテQ」が手越祐也に容赦ない仕打ち
「七五三」これ読める?読めたらすごい「三文字苗字」ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加