大瀬良が練習「肩の筋力を落とさないようにしたい」5年目の来季へシュート習得も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/05

広島の大瀬良大地投手(26)が5日、マツダスタジアムでインターバル走やウエートトレーニング、室内ブルペンで約30メートルの距離をとりネットスローを100球行うなど、汗を流した。

今季は10勝2敗で3年ぶりの2桁勝利を挙げた右腕。さらなるレベルアップを目指し、秋季キャンプではプロ入り最多となる230球を投げ込むなど自らを追い込んだ。

また、投球の幅を広げるために、フォークの改良やシュートの習得にも取り組んでいる。

「投球フォームなど感覚的にはいい。肩の筋力を落とさないようにしたいと思う」。オフの期間もボールを投げ続けて、5年目の来季へ向けて準備する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中日「チアドラ」名前表記のローマ字変更影響いかに
ライバル球団の主力が続々移籍 ソフトバンクの連覇は安泰!?
主力での活躍はわずか2年...歴代FA選手の“移籍後”を検証した
タイガースが平野獲り表明 球団公式サイトでGM
藤浪よ大山よ、東京五輪出ろ!阪神・金本監督、常夏の島ハワイから大号令
  • このエントリーをはてなブックマークに追加