「友だちがいない...」ドイツ移籍のアーセナル新星、ちょっと悩んでるらしい

「友だちがいない...」ドイツ移籍のアーセナル新星、ちょっと悩んでるらしい

  • Qoly
  • 更新日:2019/03/26
No image

『The SUN』は25日、「アーセナルからホッフェンハイムに貸し出されているリース・ネルソンは、ドイツでの環境について語った」と報じた。

昨年夏にローンでドイツに渡ったネルソン。当初はスーパーサブとして得点を量産する活躍を見せたものの、徐々にトーンダウンし、先日は規律違反で謹慎処分を受けるというトラブルも。

彼はドイツでどんな生活をしているのか?イングランドU-21代表に招集されている彼は以下のように答えたとのこと。

リース・ネルソン「僕は練習に遅れたんだ。20分遅刻した。それは自分が学ばなければならないものだよ。監督には全面的に謝罪をしたよ。そして和解をした」「ドイツに来てから10ヶ月になる。簡単ではなかったよ。母も兄弟もいない。自分で買い物に行かなければいけないし、友達もいない。ただ、これは僕の仕事だし、サッカーをするためにここへ来たんだ」

「イングランドに戻ったときには友達や家族と会う。なぜなら、ドイツに居るのは使命のためだから。ホームシックではないよ。しかし家族は本当によくしてくれる。兄は1ヶ月ここにいてくれたし、母は頼めばいつでも来てくれる」(ドイツ語は?)「英語が懐かしいよ。クラブでは皆ドイツ語で話してくるからね。僕のドイツ語は悪くない。少しだけ喋れる。予想したほどではないけどね。シーズンの最初にはドイツ語を学ぼうと思っていたし、最終的にはしっかり話せるようになろうと。

【関連記事】23歳以下のヤングスター!現世界ランキングTOP10

ただ、自分だけで学ばなければならないときは難しいね。散漫になる。二人でレッスンを受けているが、もうひとりの人は年上で、僕を気にしてくれない。だから自分だけで学ばなければならない。だけど十分に理解しているよ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
5戦連発中ベンゼマがハット達成!! R・マドリー、今節での無冠決定は回避
レアル、ベンゼマのハットトリックで完勝!...マルセロはエリア内で驚きの肩クリア
ベンゼマがハットトリック達成!レアルは3発快勝で2位A・マドリーとの勝ち点差「4」を維持
レアルU-16・中井、準Vで号泣
3トップ沈黙も...リヴァプール、ワイナルドゥム弾など2発完封で公式戦9連勝!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加