松山英樹「いいものはなかった」今季2アンダー発進

松山英樹「いいものはなかった」今季2アンダー発進

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13
No image

松山英樹(17年9月30日撮影)

<米男子ゴルフ:CIMBクラシック>◇第1日◇12日◇マレーシア・TPCクアラルンプール(7005ヤード、パー72)◇賞金総額700万ドル(約7億7000万円)優勝賞金126万ドル(約1億3900万円)

今季初戦に臨んだ世界ランク3位の松山英樹(25=LEXUS)は4バーディー、2ボギーの70で回り、2アンダーで首位と6打差の23位発進となった。キャメロン・スミス(24=オーストラリア)が8アンダーで単独首位。大会3連覇を狙う昨季総合王者のジャスティン・トーマス(24=米国)は松山らと並ぶ23位。今大会は78人が出場し、予選カットなしで4日間行われる。

松山はシーズン最初のラウンドを「いいものはなかった」と切り捨てた。ロングパットを沈めた2番、絶妙な寄せからタップインとした3番の連続バーディーで快調なスタートを切ったが、その後はスコアが停滞。パー5の最終18番もボギーをたたき、納得のスタートとはいかなかった。

「優勝には20アンダー以上に持っていかないと話にならないと思うので、2アンダーはかなり悪いスコア。今の状態ではかなり厳しいが、切り替えてやりたい」。 通算20アンダーで2位だった昨年大会は第1ラウンドを3アンダーの5打差16位で終えている。2週前のプレジデンツ・カップ期間中から良くなかった体調面が回復してきたばかり。そんな中でもパー3を除く14ホールでフェアウエーを外したのは1ホールだけで、パーオン率も80%を超えた。どこまでも厳しい自己評価とは裏腹に、浮上の期待を抱かせる数字が並んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
虎党の大堀裕次郎“両打ち”パーセーブ「大和は...」
アン・シネ 8罰打のショックで棄権 前日のクラブ超過発覚で動揺「心臓バクバク」
熱狂的虎党・大堀裕次郎 首位発進「阪神の分も僕が優勝する」
丸山大、美人キャディーで首位発進/国内男子
星野陸也首位 思い出コースで狙う“2度目の初V”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加