最新ランキングをチェックしよう
北九州でワインを造る! 構想20年、小さなワイナリーが特区で生まれた

北九州でワインを造る! 構想20年、小さなワイナリーが特区で生まれた

  • Jタウンネット
  • 更新日:2018/09/25

九州北部でワイン造り。あまりイメージがないが、福岡県北九州市で、いまブドウ栽培から取り組んでいるワイナリーがある。北九州市は2016年に、国家戦略特区「汐風香る魅惑のワイン特区」に認定された。酒税法では、果実酒の最低製造量は年間6キロリットルと定められているが、この特区では2キロリットルに緩和される。従来よりも小さな規模でのワイン製造が可能となり、地産地消や、いわゆる「6次産業化」の促進を目指すも

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「なんとなく」では潰れる。店舗経営のプロが教える価格設定の掟
150円未満で出来る「ビールサーバー」の作り方! クリーミーに泡立つ生ビールに大満足
ワタミ、容赦ないワタミ隠し&鶏料理店化が完遂目前...怒涛の「三代目鳥メロ」出店が成功
衝撃:叙々苑よりもさらにワンランク上だという「游玄亭」に行ってみた結果 → GACKTの家かと思った
平愛梨、手作りオムライスが物議を醸す 「これはひどい」「全然笑えない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加