日本ハム大田は移籍景気で大幅増、来季全試合出場を

日本ハム大田は移籍景気で大幅増、来季全試合出場を

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

契約更改を終え会見をする日本ハム大田(撮影・佐藤翔太)

日本ハム大田が9年目で初めて大幅アップを勝ち取った。5日、札幌市内にある球団事務所で契約更改交渉に臨み、2200万円増の年俸4300万円でサインした(金額は推定)。「素直にうれしい。プロ野球選手らしくなったかな」と、喜びに浸った。昨オフに巨人から移籍。初の規定打席到達、15本塁打46打点はキャリアハイの数字を残した。「モットーの全力プレーも評価してもらった」と、最後まで諦めない姿勢も査定ポイントを上げた。

来季は「全試合出場」をノルマに掲げた。さらに本塁打数は「25本」と、今季から10本の上積みを誓った。左脇腹痛で開幕は出遅れた反省から、今オフは「練習をやりすぎるとケガにつながる。制御しながら、質を高めていきたい」と、自己管理も徹底するつもり。「研究もされると思うけど、このオフで成長して違う姿を見せられたら」。まだ披露しきれていないポテンシャルを、来季は開幕から爆発させる。【木下大輔】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神D1・馬場、雑草魂の決意!仙台大の激励会で監督にOBに感謝
「通算1千試合登板」の大記録まで残り46試合──中日・岩瀬仁紀が江夏豊に語った投球フォームの一新
妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」
千葉県選抜が台湾遠征に向け練習試合
巨人・高木勇人が西武へ移籍 FA野上の人的補償で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加