豪栄道、貴乃花巡業部長から「がっぷり組んでやれ」

豪栄道、貴乃花巡業部長から「がっぷり組んでやれ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20
No image

栃ノ心(右)との三番稽古で汗を流す豪栄道(撮影・木村有三)

大相撲の大関豪栄道(30=境川)が18日、和歌山巡業で貴乃花巡業部長(元横綱)から“帝王学”を伝授された。

平幕栃ノ心との三番稽古中、土俵下で見守る同部長から助言を受けた。豪栄道は「『力をつけるためにも、がっぷり組んでやりなさい』と言われました」と説明。怪力の栃ノ心には頭をつけて崩して攻めるのがセオリーだが、元大横綱の指令通りがっぷり組む相撲を試した。豪栄道は「不利な体勢から反撃するのも大事ですから。夏巡業でもアドバイスをもらったし、ありがたい」と感謝。初の綱とりとなる九州場所(11月13日初日、福岡国際センター)へ、力を蓄える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大相撲この1年=年末回顧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加