チェルシー、CL出場へ克服すべき弱点。マンU戦がラストチャンス!?

チェルシー、CL出場へ克服すべき弱点。マンU戦がラストチャンス!?

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2019/04/15
No image

リバプールに敗れたチェルシー【写真:Getty Images】

チェルシーは来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて、克服しなければならない問題がある。今季のデータを英『デイリー・メール』が取り上げた。

現地時間14日に行われたプレミアリーグ第34節でチェルシーはリバプールに0-2で敗れている。これにより、来季のチャンピオンズリーグ出場はより難しくなった。

4位に位置しているチェルシーだが、勝ち点2差で5位のマンチェスター・ユナイテッドは1試合多く残しており、同3差で6位のアーセナルは2試合多く残している。

アンフィールドでのリバプール戦を落としたチェルシーの問題は、上位勢を相手にしたときのアウェイゲームの弱さだ。今季は首位リバプールのほか、マンチェスター・シティ(2位)、トッテナム(3位)、アーセナルに敗れている。さらに、8位ウォルバーハンプトン、9位エバートンにも負けた。

5位マンチェスター・ユナイテッドと7位レスターとのアウェイゲームは未消化。上位陣に対する敵地での弱さを克服できなければ、チャンピオンズリーグ出場権獲得は非常に困難になる。

今月28日には直接のライバルであるユナイテッドとオールド・トラフォードで対戦するチェルシー。ネガティブな記録を断ち切ることはできるだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「僕が最大の問題だった」。0-4完敗の責任を背負うマンU・MF
チェルシー、アザールの後釜はコウチーニョ? リールのぺぺも候補に
リーグ制覇未経験のスター選手。今季優勝の可能性は?
サラーのPK獲得をめぐり“場外戦”。元審判のジャッジは...?
絶不調が続くサンチェス、マンU指揮官が警告「不必要な選手は放出する」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加