広島・薮田、連敗止めた初完封!大歓声に「黒田さんになったみたい」

広島・薮田、連敗止めた初完封!大歓声に「黒田さんになったみたい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

(セ・リーグ、広島1-0巨人、19回戦、広島14勝5敗、12日、マツダ)地響きのような「やぶたコール」が心地よかった。広島・薮田が3年目で初の完封勝利を達成。“ミスター完投”と呼ばれ、昨年引退した大先輩を引き合いに出して、自らも余韻に浸った。

「(完封は)小学生のとき以来ですかね。短いイニングでしかやったことがないです。後半になるに連れて歓声が大きくなって、黒田さんになったみたいでした」

4四死球と乱れたが、150キロ台の直球と打者の手元で変化するカットボールで調子の良かった巨人打線を4安打に抑える堂々の投球。畝投手コーチに「行ってもいいですか」と志願して九回のマウンドに向かい、一死一塁となった場面も黒田博樹になった気分で、村田を二ゴロ併殺に仕留めた。

今季チーム一番乗りの完封で、ハーラートップの12勝を挙げている巨人・菅野(7回1失点)に投げ勝って11勝目。G戦の白星はプロ初先発勝利を挙げた2015年7月1日の東京ドーム以来、773日ぶりで、「絶対に、菅野さんより先にマウンドを降りたくないという気持ちだった」と胸を張った。

チームの連敗を3で止めた右腕について、緒方監督は「きょうは薮田の投球に尽きる。菅野と互角に投げてくれたんだから。大きな自信にしていい」と絶賛した。

5月30日の西武戦(メットライフ)で先発転向後、9試合で8勝1敗と先発ローテーションの柱としてフル回転している薮田は今月7日に25歳の誕生日を迎えた。写真を介して人々と交流できるスマートフォン用のアプリ「インスタグラム」には約300件のお祝いのメッセージが届いた。

「時間があるときにみるようにしています」。岡山理大付属高、亜大時代には相次ぐ右肘の故障で“無名”の存在だった。プロ3年で急成長した今は、ファンに大きなパワーをもらってマウンドに上がっている。 (柏村翔)

薮田を好リードした広島・会沢「1-0はなかなかしびれるけど、最高の球を投げてくれた」

データBOX

◎…薮田は昨年7月10日の阪神戦(甲子園)の戸田以来、今季チーム初完封。昨季はジョンソン2度、黒田、戸田、野村の各1度の計5度だった

No image

村田を二ゴロ併殺に仕留めて完封勝利を決め、ガッツポーズする薮田(撮影・松永渉平)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか...データで見る昨季との貢献度の差
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加