日経平均 小反発も売買交錯、方向感なし

日経平均 小反発も売買交錯、方向感なし

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/30
No image

30日の東京株式市場で、日経平均株価はわずかに値を上げた。終値は前日比1円44銭高の1万8308円48銭。

30日の東京市場は、売買が交錯する方向感のない展開となった。円安・株高の流れが継続しているとの見方から、引き続き株を買う動きがある一方で、当面の利益を確定するための売り注文も多く出た。

また、日本時間の30日夜に開かれるOPEC(=石油輸出国機構)の総会を前に、リスクを軽減するため株を売る動きもみられた。

東証1部の売買代金は概算で3兆2492億円、売買高は概算で26億7116万株。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ムーミンのテーマパーク、2019年春オープンに 北欧イメージの別エリア「メッツァビレッジ」は2018年に先行開業
OECD学力調査 日本、科学と数学は1位
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
KDDI、ビッグローブを買収する方針固める
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加