東芝情報システム、カメラに人物認識機能を搭載した監視システム

東芝情報システム、カメラに人物認識機能を搭載した監視システム

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/14
No image

東芝情報システムは11月14日、組込みシステム分野での画像認識技術を活かし、カメラ本体に画像認識機能を搭載した監視システム「CVNucleus VisCAM(以下、VisCAM)」の販売を開始したことを発表した。

VisCAMはカメラ本体に画像認識などの機能を搭載した監視システム。東芝デバイス&ストレージ社製 画像認識プロセッサLSI Viscontiを用いてカメラ映像の人物を認識し、あらかじめ設定した立入り禁止エリアへの人物の立入りを監視することができる。立入り時の静止画は無線通信(Wi-Fi / モバイル通信)にて、モバイル端末などにリアルタイムで通知し、また、カメラ本体のSDカードにも保存可能。無線通信とバッテリー駆動により、ネットワークや電源の設備工事は不要だ。

そのほか、人物以外の認識など、用途に応じたカスタマイズやハードウェア、ソフトウェアを個別に提供するサービスを準備しており、VisCAMを活用したIoTソリューションの構築支援、VisCAMの設計・開発資産を活かした顧客ブランド製品の開発支援のニーズに対応していくとしている。

今後同社は、「VisCAM」を含むエッジコンピューティングに特化したIoT事業で、年間10億円の売上を目標に販売活動を強化していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クリスマスカードアプリ作成してプログラミング ソフトバンクのグループ会社が横浜で幼児向け教室開催
『Amazon Echo』と『Google Home』何が違う?
常識はずれの薄さと軽さを誇るASUSのゲーミングPC『ROG ZEPHYRUS GX501VS』の実力は?
Google Homeと2週間過ごしたら? 地味に便利だったのはこの機能
【100均】ダイソーのスマートフォン用「1ポート モバイルバッテリ」 ― 薄くて格好良いけど、性能は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加