新店開業で3キロ圏に4店舗、「イオン密集地帯」幕張を歩く

新店開業で3キロ圏に4店舗、「イオン密集地帯」幕張を歩く

  • MONEY PLUS | くらしの経済メディア
  • 更新日:2019/04/16

週末はロードサイドにある商業施設「イオン」に車で訪れる――。郊外・地方に住む家族によく見られる光景ですが、徒歩でハシゴできるほどイオンの店舗が密集したエリアが存在するのをご存じでしょうか。本社ビル「イオンタワー」がそびえる千葉市・幕張です。

イオンリテールが食品スーパー「イオンスタイル幕張ベイパーク」をオープンさせたことで、さらに“イオン密度”が高くなっています。同施設がグランドオープンした4月13日、幕張のイオンを数店歩いて回ってみました。

周囲に少ないカフェが充実

イオンスタイル幕張ベイパークは、幕張新都心若葉住宅地区の「幕張ベイパーク」に位置しています。米オレゴン州ポートランドをモデルに、2029年完成をメドに開発が進行中で、約4,500戸・約1万人が暮らす街になる計画です。

JR海浜幕張駅を挟んだ南東には、30〜50代の家族が多く住む都市型住宅地「幕張ベイタウン」が広がります。イオンリテールが今回の出店にあたり、地域住民に調査をすると「おしゃれで少しこだわった食」と「家族や友達と一緒に食事をしてくつろげる場所」を求めている人が多かったそう。

そこでイオンスタイル幕張ベイパークでは「本格的なおいしさを追求する食」と「ゆったりとくつろげる飲食店・カフェ」を充実させています。

「ここde デリ」では、注文に応じて1食ずつ調理。たとえば「ガブリングステーキ」では「トップバリュ グリーンアイナチュラル タスマニアビーフ」などの牛肉を焼き上げ、熱い鉄板に乗せて提供します。「ペルグラーノ」は生パスタや焼き立てのピザが売り。約100席のイートインスペースがあり、購入したサンドイッチや弁当も食べられます。

No image

「ガブリングステーキ」のカットステーキ

コーヒー豆と輸入食品専門店「カフェランテ」は、厳選豆、自家焙煎、本格抽出にこだわったカフェの新業態「mameiro」を初出店。コーヒー生豆を約30種類をそろえ、店内で焙煎したての豆を購入できるほか、店内でハンドリップとサイフォンから好みの抽出方法を選んで自家焙煎コーヒーを飲めます。記者が「ワハナ農園 ロングベリー」(550円、税別)をサイフォンで注文すると、目の前でフラスコの湯を加熱してコーヒーをいれてくれました。

No image

コーヒーをサイフォン抽出する様子

施設内にはカフェが他にも充実しています。イオンへ初出店となる「&COFFEE MAISON KAYSER」は、フランスパン専門店「メゾンカイザー」のカフェ業態。クロワッサンやサンド、デニッシュトーストと一緒にオリジナル焙煎コーヒーが飲めます。エスニック雑貨の「マライカ バザール」でも、店内のカフェコーナーで自家焙煎のハンドドリップコーヒーを提供しているのです。

近隣店舗の状況は?

グランドオープンしたイオンスタイル幕張ベイパークは人でごった返していましたが、その一方で買い物客がまばらだったのが、同施設から徒歩約10分の距離にある「イオン幕張店」です。

No image

元カルフールのイオン幕張店

フランス発のスーパー・カルフールが撤退後、2011年からイオンリテールが運営を担う同店。2016年には食品や日用品の売り場を改装し、生鮮食品や惣菜、酒類などの品ぞろえは充実しているものの、目を引くテナントはあまり多くありません。フードコートに入っているのは「ペッパーランチ」「すき家」など、手頃な価格のラインナップです。

Google マップの口コミには「イオンモールに対して、こちらのイオンは地元のスーパー」「海浜幕張駅から徒歩圏内にありイオンモール幕張新都心より日常の使い勝手はよいかもしれない」などと書かれています。

No image

イオンモール幕張新都心

イオン幕張店を後にして、イオンタワーを横目に新習志野駅方面に向かう途中、前方に見えてきたのは「イオンモール幕張新都心」。2013年に開業した同施設は敷地面積約19万2,000平方メートルのショッピングモールです。約15分で到着しました。家族連れや中高生が多く訪れ、イオン幕張店より賑わっています。

Googleマップで位置関係を確認してみると、「イオンモール幕張新都心」「イオン幕張店」「イオンスタイル検見川浜」「イオンマリンピア店」の4店が、イオンスタイル幕張ベイパークを中心とする半径3キロ以内で営業していました。

イオン同士のすみ分けはどうする?

イオンスタイル幕張ベイパークの記者会見で、イオンリテールの井出武美社長は商圏のすみ分けについて問われ、次のように回答しました。

「人口が伸びているので、ここの店(イオンスタイル幕張ベイパーク)は伸びると思います。幕張店はカルフールから譲渡いただいてオープンした総合スーパーで、トップバリュコレクションのカジュアルファッション、ホームファッション、書店などがあります。イオンスタイル幕張ベイパークにないものは幕張店で対応していきたい。サイズ感が異なるので、幕張店ではテナント構成を含め、まったく新しいことをして商圏を確保します」

No image

幕張ベイパークのタワーマンション

幕張ベイパークには計6棟のタワーマンションが建設予定で、第1弾として「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」の入居が始まったばかり。約2年に1棟のペースで建設され、人口も段階的に増えていく予定です。また2024年には、海浜幕張駅と新習志野駅の中間地点にJR京葉線の新駅が開業する見通し。予定地の目の前にはイオンモール幕張新都心があります。

イオン同士のすみ分けがうまくいくのか、それとも客を奪い合う結果になるのか。本社のお膝元で、壮大な実証実験が繰り広げられようとしています。

<文:編集部 小島和紘>

(MONEY PLUS編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
終身雇用はルールに非ず...財界トップ、変革求める
ダイハツ ムーヴキャンバス、ホワイト/ブラックのアクセントを加えた特別仕様車設定
ホントに販売するやつ!!岐阜県関市の平成(へなり)地区の空気を採取した缶詰「平成の空気缶」が発売
2018年の非IC系半導体企業ランキング - トップはソニー、2位にシャープ
「ゆうちょPay」来月8日開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加