登山初心者におすすめ!プロの山岳ガイドが丁寧に答えてくれるチャット形式のQ&Aサービス『Sherpa』

登山初心者におすすめ!プロの山岳ガイドが丁寧に答えてくれるチャット形式のQ&Aサービス『Sherpa』

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/12

2010年頃に「山ガール」なる言葉が流行して以来、登山は一つのトレンドになるほど人気を集めている。御嶽山の噴火もあって、一時期ほどの勢いはないものの、登山に親しむ人は今でも800万人を数えるという。

No image

山登りが流行する陰で遭難者数も年々増加しており、2015年は過去最高の3000人を超えるほどの深刻な事態となった。これは、登山人口の増加ばかりが原因でなく、山登りを甘く見て、適切な準備や装備を整えていないことも一因に挙げられる。また、山岳会の衰退や、山岳ガイドとの接点の乏しさも、基礎知識のないまま我流で登山する人を増やし、遭難のリスクを高めている。

そんな現状を憂い、「山岳事故を無くすQ&Aサービス」をメインコンテンツとして開設されたのが、『Sherpa』(シェルパ)という名のウェブサイト。立ち上げにあたりクラウドファンディングで100万円近くの資金を集め、3月18日にβ版が公開されているが、既に多くの登山関連の記事やQ&Aが掲載されている。このQ&Aとは、登山についての疑問点なら誰でも「相談」ボタンから投稿でき、それに対してプロの山岳ガイドが懇切丁寧に回答してくれるという、チャット形式の無料サービス。

No image

運営母体であるSherpa&Companyの石井孝典代表取締役は、数年前にSNSに「みんなの登山部」を創設。そこで登山ビギナーを中心に情報交換を積み重ねるほか、4,000人以上の登山者や登山業界のキーマンらと交流し、「登山者が何に悩んでいるのか?登山業界には何が欠けているのか?」といった疑問を追求して生まれたのが『Sherpa』だという。現在『Sherpa』は、石井代表以下3名のスタッフの手で、改良・開発作業が続けられており、Q&Aに対応する山岳ガイドは直接面談の上、採用されている。

β版から正式版への移行時には、Q&Aだけでは解決しにくい事柄については、実地講習で実践的に情報・ノウハウを提供する仕組みづくりを予定しているという。くわえて、全国の様々な登山講習会を、簡単に検索・予約もできるシステムも整備する。さらに、緊急時のファーストエイドや登山前のトレーニングといった、これから本格的に登山を始める人からベテランまでを視野に入れた、専門家による密度の高い連載記事も準備中とのこと。

正式版のローンチの日時は未定だが、「登山を気軽に学べる環境を整え、社会問題でもある山岳事故をなくしたい」とのスローガンを達成するため、できるだけ早期に移行すべく取り組んでいるという。特に登山初心者にとって、ブックマークに加えておくべきサイトになるはずである。

(取材協力)
■登山学習Q&AサイトSherpa
https://sherpajp.com

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クリスマスしか食べないケンタッキーの危機...ファミマ怒涛のチキン攻勢に「食われ」始めた
宅配危機は過重労働問題...値上げでは根本解決しない
資生堂が新ブランド「ポスメ」 女子高生が開発参加 多目的商品を26日発売
大塚家具、囁かれるXデイ...資金ショート寸前、加速度的売上減で2期連続大赤字
ビットコインで儲けた人に次々と税務署の調査!多額追徴課税!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加