中国人は超大型連休をどう過ごしたのか

中国人は超大型連休をどう過ごしたのか

  • WEDGE
  • 更新日:2017/10/13
No image

国慶節と中秋節が重なり、例年よりも休みが一日延び、10月1日から8連休となった中国。「史上最も長い国慶節休暇」を中国人はいったいどう過ごしたのか。例年以上の消費の盛り上がりや、旅行動向の変化が報じられている。

期間中の国内の旅行客はのべ7億500万人、国内の観光収入は5836億元(約9兆6300万円)。昨年の国慶節と比較できる7日間に限ると、昨年比で観光客数が11.9%、観光収入が13.9%伸びた。大陸外を旅行したのは600万人超で、300の国内の都市から出発し、全世界の88の国と地域を訪れたという。

国内小売・飲食業の売上高は1兆5000億元(約25兆3500億円)で過去最高となった。一日の平均消費額は昨年に比べて10.3%伸びた。

日本にも多くの観光客がやって来た
(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

シェア、「新しい小売り」がブーム

人民日報海外版は10月9日の記事で、期間中、新興の消費が人気だったと振り返った。「モバイル決済、シェア消費などが休暇の新しい流行となり、QRコード決済、シェアカー、シェア自転車、民泊、シェア書斎などが、ショッピング、外出、旅行、レジャーをより気軽なものにしている」

その具体例を報じているのは、10月11日の南方網。「新零售(新しい小売り)」を体験する1日ツアーが人気だったと伝える。「新しい小売り」とは、アリババの馬雲会長が提唱したもの。企業がビッグデータやAIなどの先進技術を使って商品の生産から流通、消費の過程をグレードアップし、オンライン・オフラインのサービスと物流を融合させた新しい小売りのモデルを指す。人気だったツアーはたとえばこんなものだという。

「成都の春熙路で、一軒の服飾店の内部に八つのTmall(天猫、中国最大のECモール)の試着のためのスマートミラーが置かれている。顧客はスマート機能による服飾のコーディネートのおすすめ情報を得られ、画面上で押せば、試着の服が自動的に送られてくる。店中を探し回る必要はない」

このスマートミラーには、気に入った服を持って自分の姿を映せば、その服に関連するさまざまなコーディネートが表示されるという。

旅行での消費は国内、国外いずれも盛んだった。中国経済網は9月29日、旅行サイト最大手の携程を通じたゴールデンウィークの団体旅行と個人旅行の商品の予約は、国内旅行の場合、一人当たり3000元を超え、国外旅行は9000元を超えたと伝えた。これは、中国旅行研究院と携程、中国新聞社旗下の中新経緯研究院が合同で発表した報告書に基づく。

「今年は女性がゴールデンウィークの旅行の主力となった。ゴールデンウィークに携程の団体旅行、個人旅行、クルーズ船、各種旅行プランを予約したのは、60%が女性。消費能力が強く、体力もある31~45歳(33%)と19~30歳(27%)がゴールデンウィークの旅行の主力で、その比率は6割に達した」

また、報告は上半期(旧正月から半年間)の国内旅行の平均支出は855元で、全国民の平均支出は8834元だから、消費支出の10分の1近くが旅行に費やされていることになり、大陸外での旅行も含めると比率はもっと高くなるとしている。

免税店は依然人気の買い物スポット

海外旅行より国内旅行の注目度が高まっていると伝えるのは10月9日の新華網

「『蚂蜂窝(中国最大の旅行口コミサイト)』と『今日頭条(ニュースプラットフォーム)』が合同で発表したデータによると、今年の中国旅行客の国内旅行への関心は大幅に上がり、前年比101%の伸び。比較すると、大陸外への旅行への関心は増えてはいるが、理性的で、上り幅は55.7%」

総合旅行サイト「驴妈妈旅游网」のビッグデータも引用し、大陸外の十大人気目的地はタイ、香港、ベトナム、マカオ、フィリピン、日本、アメリカ、マレーシア、カンボジア、オーストラリアだと伝える。

SNS大手のWeChatのビッグデータを引用し、今年の連休の特徴を伝えたのは10月9日の南方日報。大陸外への旅行が好きな人のいる都市ランキングでは、10.8%を占める上海が1位、2位が北京、3位が深圳、4位が広州だった。

大陸外でアプリへのサインインが最も多かったのは香港。2位がマカオ、3位がバンコク、東京は5位、大阪は10位だった。

世代ごとの差でいうと、70年代生まれに比べ、90年代生まれと80年代生まれの旅行客はより大陸外に旅行することを好む。大陸外の人気の目的地は、90年代生まれでは人気の高い順に香港、アメリカ、日本。80年代生まれは香港、タイ、日本。70年代生まれは香港、アメリカ、マカオの順だった。

中国人が海外で買い物をする場所としては、52%が免税店、16%が小売り店、9.9%がドラッグストア、3%がコンビニ、1.2%が飲食店、その他が17.9%だったと伝える。

総括すると、今はこれまでの「モノ消費」から、体験や個性、過ごす時間の質を重視する「コト消費」に移行する途上にある。ドラッグストアで大量の買い物をする人がいる一方で、人からより「いいね!」と言ってもらえるような特別な体験をしようとする人も増えている。街中で中国人を見ていて爆買いは終わったのか、終わっていないのかととまどう状況はまだ続きそうだが、変化は確実に始まっている。

▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃の結末】17才少女が iPhone8 欲しさに「初夜を売ります」→ ホテルには3人の男が! 恐怖した少女の身に何が...カメラが全てをとらえていた
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ
「食べる時間」を間違えると、たった1週間で肥満になります
ニトリの”地味にスゴい”グッズ5選。室内干しや収納で活躍!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加