十両の豊山 白星も「もっと荒々しい相撲を」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇大相撲九州場所初日(2017年11月12日 福岡国際センター)

十両の豊山が明生を寄り切った。右足に不安を抱えながらも、激しく動く相手によくついていった。「トレーニングをしっかりやってきた。場所中に踏ん張れるようになれば。もっと荒々しい相撲を」と、場所を通して感覚を取り戻していくつもりだ。

幕内だった先場所は終盤に息切れし、6連敗。15日間通して攻める相撲がとれるかが、再入幕へのカギになりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横綱・日馬富士の暴行事件、相撲協会と”提訴を強行した”貴乃花の対立構図に
ビール瓶暴行の日馬富士“酒乱の先輩”朝青龍からも注意されていた「酒癖」
日馬富士の貴ノ岩暴行問題、始まりは錦糸町での口論
焦点は「貴乃花親方」に移った 日馬富士問題、続く非難と憶測の応酬
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加