ジョージ・ワシントン大が3連勝 渡辺は13得点

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

全米大学男子バスケットボールのジョージ・ワシントン大は6日、アイビーリーグ所属のプリンストン大を71―60(前半31―28)で下して5勝4敗。3連敗のあと3連勝を飾った。

渡辺雄太(4年)は36分出場して13得点、6リバウンド、2ブロックショットをマーク。フィールドゴール(FG)の成功は12本中3本だったが、そのうち3点シュートは6本中2本を決めた。

アトランティック10所属のジョージ・ワシントン大は、9日に強豪カンファレンスのひとつ、ビッグ10に所属しているペン州立大(7勝3敗)と対戦。なおこの日、ロサンゼルスで開催される予定だったUCLA対モンタナ大戦は、近郊で発生している大規模な山火事の影響で中止となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大迫所属ケルン、2部降格は不可避? 新取締役「奇跡が起きなければ...」
先制弾スアレス 試合振り返る
アーセナルが最後の一押し...エジル残留に向けて新オファー提示へ
“重要な一戦”でアジア王者の意地を見せる...浦和GK西川「チームを助けたい」
岡崎慎司が練習場でマハレズと本気バトル! 英紙は「いまのレスターの雰囲気の良さが...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加