横綱日馬富士が3勝目 86年ぶりの4日連続金星配給は阻止

横綱日馬富士が3勝目 86年ぶりの4日連続金星配給は阻止

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

懸賞の束を手に土俵を降りる日馬富士=両国国技館

「大相撲秋場所・6日目」(15日、両国国技館)

横綱日馬富士が千代大龍を寄り切って3勝目。1931年初場所の宮城山以来86年ぶりの4日連続金星配給は阻止し、「自分の相撲に集中した。忍ぶことです」と力を込めた。

横綱・大関5人休場に「一番に対する気持ちは変わらない」と平静。かつてプロ野球・広島のブラウン元監督と親交があり、優勝に王手をかけたチームを気にしている。「新聞も見たよ」と、巻き返しへ鯉パワーも欲しいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬富士1人横綱の責任全う、逆転Vを支えたものは
横審、休場3人に“完治のススメ”「結果出せるようになって出て」
日馬富士V10「取りたい」  名横綱の仲間入りで「次の世代に教える」
世代交代印象づけた阿武咲、白鵬超えの強さの理由は
決定戦突入なら21年ぶり11勝で優勝 前回は貴乃花不在で史上初5人決定戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加