横須賀の商店街が「スカジャン発祥の地」宣言 小泉進次郎も応援に

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/02/13

神奈川県横須賀市本町のドブ板通り商店街振興組合は2018年2月12日、同市発祥の「スカジャン」を市内外に宣伝するため「スカジャン発祥の地」を宣言した。どぶ板通り商店街では同日、定期的なイベント「どぶ板バザール」が開催され、17年衆院選の応援演説で緑色のスカジャンを着ていた地元選出の小泉進次郎衆院議員と、上地克明市長が出席。イベントの公式フェイスブックによると、市長が「ドブ板通り スカジャン発祥の地」と書かれた記念プレートを商店街に贈ったという。

スカジャンの始まりは戦後、横須賀に駐留した米兵向けの土産物として売られるようになったことで、イーグルやタイガー、ドラゴンなどの絵柄が入った刺しゅうが人気を博した。近年は、パリ・コレクションで登場するなど、ファッションアイテムとして世界の注目を集めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自動運転で買い物の走行実験、高齢化進むニュータウンで
渋谷駅前で「女性専用車両」反対派とカウンターが衝突、「帰れ」コール響き騒然
朝鮮総連本部に発砲容疑 右翼活動家ら2人逮捕
兵庫女性不明、米国人男が契約の部屋から頭部発見
「マクドナルドで会おう」という名のヘアカット 校則で禁止に(英)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加