石川遼8カ月ぶり米ツアー「復帰戦の雰囲気はない」

石川遼8カ月ぶり米ツアー「復帰戦の雰囲気はない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

11番でティーショットを放つ石川(右)とボールの行方を見つめる松山(撮影・亀山泰宏)

米男子ゴルフの新シーズン2戦目となるCIMBクラシック(20日開幕、TPCクアラルンプール)の練習ラウンドが18日、クアラルンプール市内の同コースで行われた。

石川遼(25=CASIO)は松山英樹(24=LEXUS)とともにイン9ホールを回った。腰痛による長期離脱から8カ月ぶりとなる米ツアー復帰戦。米ツアーの公傷制度を適用されたことで日本ツアー5試合に出場し、前週も日本オープンを戦ったばかり。「前の週まで試合に出られましたし、形式的にはそうなりますけど、復帰戦という雰囲気はないですね」と、試合勘についての不安はない。

同制度により出られるのは20試合。そこでフェデックスポイントを400ポイント弱か賞金65万ドル(約6500万円)強を稼げば、出場資格が更新される。石川が28試合に出場し、最終戦でシード圏内へ滑り込んだ14~15年シーズンのフェデックスポイントが476ポイント、獲得賞金が85万1044ドルだった。それを考えれば低くないハードルだが「自分がやるべきことをちゃんとやるだけ。それ以上でもそれ以下でもない」と力を込めた。

予選ラウンドはイアン・ポールター(40=英国)、ラファエル・カブレラベロ(32=スペイン)と回る。10番スタートの第1日が午前8時35分(日本時間午前9時35分)、1番スタートの第2日が午前9時35分(同午前10時35分)にティーオフとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森田理香子「プライド関係ない」下部ツアー出場決意
“元天才少女”高橋恵、新人戦Vで来季開幕戦出場権ゲット!/国内女子
来季の日本ツアーに参戦「イ・ボミの次の美女」見つけた!
高橋恵6年ぶりVに涙 次の目標は「4年以内に賞金女王に」
川岸良兼の次女、史果が2打差の2位発進 LPGA新人戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加