轟悠「神家の七人」お坊ちゃん&粗暴な男 2役挑戦

轟悠「神家の七人」お坊ちゃん&粗暴な男 2役挑戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

主演公演で、心優しき「お坊ちゃま」にふんした轟悠(撮影・村上久美子)

宝塚歌劇団理事で、専科スターの轟悠(とどろき・ゆう)が主演する専科公演「神家(こうや)の七人」(作・演出=齋藤吉正氏)が13日、兵庫・宝塚バウホールで開幕した。

マフィアの息子が、家業継承を拒否して「神の道」を歩もうとするオリジナルコメディー。専科、月組からの選抜をあわせて出演者はわずか9人。13年に同じくバウで上演されたニール・サイモン原作の「第二章」以来、4年ぶりの専科コメディーになる。

轟が演じる青年イヴァンは、純粋で心優しい「お坊ちゃま」。第2次世界大戦から故郷ボルティモアに帰還すると、父の死に直面。父が残した“会社”を継ぐことになるが、その実態はマフィアだったというストーリー。主人公は、神父になることを決意。父の部下だった6人と一緒に「神の道」へ進もうとする。

轟いわく、役柄は「素直に育った、さわやかな笑顔のお坊ちゃん」。ギリシャ彫刻のような顔立ちで、立ち姿から些細な動く姿まで、男役を極める轟にとっては、珍しい役柄だ。

入団33年の経験をもってしても「ほぼ演じたことがない」キャラクターだそうで、今作では、純粋な「お坊ちゃん」と、亡き父が乗り移った粗暴な男の“2役”を演じている。

公演は25日まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
誰も知らない、全く新しい「サザエさん」爆誕
『ウルトラマンジード』劇場版3・10公開 本仮屋ユイカがゲスト出演
「ウルトラマンジード」劇場版公開、本仮屋ユイカがゲスト出演
大泉洋、『大泉洋国際映画祭』は「“世界四大映画祭”の一つと聞いています」
ジョン・ラセター、セクハラ発覚により6カ月休職
  • このエントリーをはてなブックマークに追加