あのベストセラー感動作がマンガに!『虹の岬の喫茶店』

あのベストセラー感動作がマンガに!『虹の岬の喫茶店』

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/10/11

海を見下ろす岬にぽつんとたたずむ、小さな喫茶店「岬カフェ」。

この店でお客を待ち受けるのは、おいしいコーヒーと心に寄り添う音楽、そして初老の店主・柏木悦子さんの優しい言葉――。森沢明夫さんのベストセラー小説『虹の岬の喫茶店』がマンガ化され、現在「潮WEB」で連載されているのをご存知だろうか。心を震わす感動的な物語を、抜群の画力と構成力で再構築したのは天沼琴未さん。コミックス1巻の発売を記念し、舞台となった房総半島の喫茶店でおふたりの対談を行った。

No image

森沢明夫(右)もりさわ・あきお●1969年、千葉県生まれ。2007年、『海を抱いたビー玉』でデビュー。『津軽百年食堂』『虹の岬の喫茶店』『ライアの祈り』『夏美のホタル』など映画化された作品多数。『あおぞらビール』『東京湾ぷかぷか探検隊』などエッセイも人気。近著に『エミリの小さな包丁』『たまちゃんのおつかい便』『失恋バスは謎だらけ』など。天沼琴未(左)あまぬま・ことみ●1984年、栃木県生まれ。2007年より別名義でマンガ家として活動後、長期休業に入る。出産、育児を経て14年よりイラストレーターとして活動。この作品がマンガ家としての復帰作となる。

森沢 天沼さんは、もともと僕の小説の読者だったんですよね。『虹の岬の喫茶店』を読んで、Twitterに悦子さんのイラストをアップしてくれて。

天沼 絵と感想をツイートしたら、森沢さんが見つけてくださったんですよね。

森沢 小説のイメージにぴったりの絵だったので、「すごく素敵な絵ですね。この絵でマンガになったらいいのにな」とコメントをつけたんです。そうしたら、本当にマンガ家さんだった(笑)。

天沼 その後、小説の担当編集者の連絡先を教えていただいて。ネームを描いて、アドバイスをいただいているうちにマンガのWeb連載が決まりました。

――そもそも森沢さんがこの小説を書いたきっかけは?

森沢 10年ぐらい前、日本の海岸線を一本の線でつなぐ旅をする、『渚の旅人』というエッセイを連載していたんです。旅の途中、面白いところを探していたら、南房総の観光案内所のおばちゃんから「地元の人でも意外と知らない喫茶店があるよ」と手描きの地図を渡していただいて。そうして訪ねたのが、このお店でした。ロケーションがあまりにも素晴らしくて、節子さん(喫茶店「岬」店主・玉木節子さん)に「この喫茶店を舞台にした小説を書いてもいいですか?」とお願いしました。

天沼 素敵なお店ですけど、入口がわかりにくくて初めて入る時にはためらいそうな場所ですよね。

森沢 今は賑わっているけれど、昔は何度来ても自分以外のお客さんに会ったことがありませんでした(笑)。お気に入りの店だったので、応援する意味でも小説を書こうと思ったんです。でも、脱稿する少し前に火事になって……。お店も節子さんの住居も全部燃えてしまいました。そこで、完成しかけていた原稿を大幅に手直しすることに。火事になる前のお店の様子をそのまま書けば、小説の中で半永久的に残るじゃないですか。取材用に撮ったお店の写真があったので、それを見ながら外観や内装を以前のお店どおりに書き換えました。

――天沼さんが『虹の岬の喫茶店』に出合った時の感想は?

天沼 森沢さんの小説はすべてそうですが、すごく温かくて優しくて、悪い人が出てこなくて。読後にすごく満たされた気持ちになれるんです。マンガやドラマ、映画に触れた時に、何か物足りないなと思うことがありますが、森沢さんの作品には足りないものがありません。「私が欲しかったの、これこれ!」って、心にぴったりフィットするんです。

森沢 僕の小説、一冊残らず読んでくれているんですよね。

天沼 以前は活字が苦手で、小説を読めなかったんですよ。小説を一冊読み切ったことって数えるほどしかなくて。初めて読んだのは『ライアの祈り』でしたが、「なんて読みやすくて、感動的で、私の欲しいものが全部詰まっているんだろう」と感激しました。そこで森沢さんの作品をすべて買い集めたんです。三十数年生きてきてまともに小説を読んだことがなかったのに、数カ月で読破しました。

森沢 すごいよね。

天沼 『虹の岬の喫茶店』も、とにかく素晴らしくて。いちばん涙が出たのは最終章。そこまでの章では悦子さんの内面が描かれることはありませんでしたが、最後にようやく「悦子さん、こういう気持ちで喫茶店をやっていたんだ」とわかるんですよね。たったひとりで岬のお店を経営しながら、実は寂しさを感じていたことも書かれていて。

森沢 悦子さんはかっこいい大人の女性ですよね。だけど、人間らしい弱さもある。そういう人を描きたいと思ったんです。

No image

ひとりで岬の喫茶店を切り盛りする悦子さん。訪れる人々を温かく包みこむ慈愛に満ちた女性だが、章を重ねるごとに内に秘めた思いが明かされていく。

天沼 寂しいことがあっても、お客さんに笑顔を振りまいて、みんなのために音楽や優しい言葉を与えてきた人ですよね。ずっと寂しさや悲しみを堪えて生きてきましたが、最後に耐え切れなくなって涙をこぼしてしまう。その時の崩れていくような感覚が私にもわかったんです。最後に悦子さんが涙を流すシーンでは、私も一緒に号泣しました。

森沢 苦しい時に心を支えていた一本の柱が抜けてしまうと、人はガラガラガラッと崩れてしまいますよね。人間にはああいう感覚、あると思うんです。

天沼 わかります!

森沢 悦子さんは、生きる楽しさをわかっていて、ユーモアもあるチャーミングな人です。でも、失ったものもいろいろあって、子供も産まずにひとりで生きてきた。寂しさ、つらさを知るからこそ、他人に寄り添えるんですよね。

No image

1章 アメイジング・グレイス妻を病気で失った克彦と4歳の希美は、慣れないふたり暮らしに寂しさを隠し切れない。そんなある日、希美のふとしたひと言から、ふたりは虹を探す旅へ。行く先を決めぬままドライブを始め、たどりついたのは岬の小さな喫茶店。ドアノブを押すと、そこには虹の絵が飾られ、店主の悦子さんが微笑みながら出迎えてくれた。何気ない語らいを通じてふたりの事情を知った悦子さんは、優しい言葉と音楽で克彦にひと筋の希望を与えるのだった。2章 ガールズ・オン・ザ・ビーチ作家になる夢を諦めきれないまま、就職活動に明け暮れるイマケンこと今泉健。ツーリングの途中、偶然岬の喫茶店に立ち寄った彼は、美大生のみどりと出会い、ひと目で恋に落ちる。絵を描くことが大好きで、本気で画家を目指すみどり、悦子さんの甥っ子で、店の隣にライブハウスを建てようとDIYに励む浩司、ある想いを胸に秘め、岬でひとり喫茶店を開いた悦子さん。彼らに触発され、イマケンはやがてある決断を下す。

No image

次ページ<マンガから岬に吹く風が伝わってくる>

マンガから岬に吹く風が伝わってくる

No image

モデルになったのは、千葉県南部に位置する明鐘岬のカフェ「岬」。「え、ここを?」と心配になるほど細い道を入ると、建物が見えてくる。2011年に火事で焼失したが再建され、現在の建物に。外観、内装は作中とは違うが、岬の風景は作品そのままだ。

――コミック化にあたっては、森沢さんからどんなアドバイスを送ったのでしょうか。

森沢 ほとんど丸投げです(笑)。原作で僕が伝えたかったことが、天沼さんにきっちり届いているんですよね。もう何も言うことはない。むしろ「原作を変えちゃってもいいですよ」とお伝えしました。

――確かにマンガオリジナルの設定もありますね。

天沼 基本的には、原作に忠実に描きたいと思っています。ただ、小説とマンガでは見せ方が違います。小説の流れをそのままマンガにするとわかりにくくなることがあるので、そんな時はマンガ特有の表現でわかりやすくしています。オリジナルの設定を加えないとうまく構成が成り立たない時には、やむを得ずプラスαの要素を足すことも。積極的に改変したいわけではなく、原作を壊さず、マンガとしてうまく馴染ませるためにどうすればいいかと調整した結果、設定が足されていきました。

森沢 そのさじ加減が絶妙なんですよ。原作者なのに、ハートをわしづかみにされてしまう。ストーリーはわかっているのに、泣けますからね(笑)。

天沼 そう言っていただけるのは、本当にうれしいです。

森沢 原作をマンガに翻訳しただけでなく、より良くなっていますから。例えば1章なら、シーツを握りしめる手だけで妻を亡くした夫の気持ちを表すとかね。

天沼 森沢さんのご指摘は、いつも鋭いんですよ。「ここを汲み取ってもらえた!」ってうれしくなります。

森沢 小説では、感情を言葉にせずに行動を描写するじゃないですか。「僕は悲しかった」ではなく、行動を書いたほうが読者に心情が伝わります。マンガもきっとそうだろうなと思っていて。天沼さんは、マンガならではの表現力が素晴らしいんですよ。スーッと読者の視線を誘導するようなコマ割りで、いちばん見せたいコマにフォーカスしている。それに、人物が想像どおりなんですよね。僕が原作を書いている時に、頭の中で思い描いていた雰囲気の人たちがきちんと絵で表現されているのに驚きました。

天沼 それは、森沢さんの文章の表現力ですよ。読んでいると頭に浮かんでくるので。

森沢 ほかのマンガ家さんが描いたら、違うイメージになっていたと思う。原作者がこんなに違和感なく読めるなんて、すごいことだと思いますよ。それに、読んでいるとコマから風を感じるんです。

天沼 うれしいです! 空気感と風感は表現したかったので。

森沢 すごく感じますよ。なんだろう、この風感とキラキラ感は。

天沼 夢のないことを言えば、髪がなびいたり、葉っぱが飛んでいたりすると風が吹いている雰囲気が出るんです。

No image

「描いていて楽しいのは、2章のイマケン」と天沼さん。小説家志望という設定やみどりのセリフは、天沼さんが付け加えたアイデアだ。

森沢 煙草の煙がたなびいていたりね。人物の表情もすごくいい。顔を見れば、心情がわかりますから。天沼さんは、マンガを描きながら泣いちゃうことってある?

天沼 めったにないですけど、表情を描く時は自分も引っ張られます。笑顔を描く時は私もニコッとしているし、悲しい表情の時は私も悲しい顔に(笑)。森沢さんは?

森沢 僕はある(笑)。「悦子さん、こんなこと言っちゃうんだ。大変だったもんね……」ってうるうるしながら書いてるんですよ。

天沼 だから読者も泣けるんでしょうね。そういう時、森沢さんは登場人物を第三者として外側から見ているんですか?

森沢 というより、キャラクターが僕の頭の中に〝いる〟んです。例えば悦子さんと甥っ子の浩司がいるとしますよね。ふたりが喫茶店の椅子に座っているとしたら、僕は透明人間になって取材ノートを片手にふたりのやりとりを近くで見ている感覚なんです。それを「浩司がこんなことを言ったな、その時悦子さんがため息をついたな、窓からこんな風が吹いてきたな」と書き留めていく。時には下から見たり、ドローンのように上から見下ろしたりしながら情景を描写して。透明人間の五感で味わったものを文章にしているんです。僕の小説を映画化してもらえるのも、頭の中に映像ができているからかな。映画監督もプロデューサーも口をそろえて「読んだ瞬間、映画になるとわかった」と言いますから。

天沼 わかります。画がバーッと浮かぶんですよね。

森沢 それが僕の特徴なのかな。

天沼 私、森沢さんには物語を最初から最後まで作る流れも聞いてみたかったんです。どうやって物語を組み立てているんですか?

森沢 最初は設定が降ってくるんです。1章だったら、「お母さんを亡くした小さな娘とお父さんが、虹を探して旅に出る。娘の直感にまかせて行く先を決めない旅に出たら、ふたりはどうなるんだろう」って設定ですね。そこから、「この子は何歳ぐらいかな。お父さんはどんな仕事をしているかな」とキャラクターを作っていって。「旅する途中の車内ではスピッツの『春の歌』が流れたらいいな」「娘が自分の宝物だと気づく話にしよう」「それに合う曲は『アメイジング・グレイス』だな」と考えていきました。そして「悦子さんとどのように出会って、彼女の言葉と曲でこのふたりをどう救おうか」と考える。救い方がわかればオチが決まるので、あらすじができるんです。

No image

悦子さんがお客に合わせて選ぶ音楽も、物語の大きなカギとなる。「歌詞の書体や吹き出しの形、♪の量で曲のイメージを表現しています」と天沼さん。

天沼 設定が降ってきた時にはオチはまだ生まれてないんですね。

森沢 そう。最初の時点では「悲しみや問題を抱えた人たちが、音楽と悦子さんの言葉で救われて、新しい未来が少しキラキラする」ということしか決まっていません。そこから人物を動かして、オチを模索していく感じですね。オチまで決まったら、きっちりあらすじを書いて、あらすじを肉付けしながら本文にしていきます。逆に僕からも聞きたいんだけど、このマンガを描く時ってほかのマンガを描いていた時となにか違うところはあるのかな。

天沼 描いている時のテンションが違います。以前、別の名前でマンガを描いていた時は、シリアスな内容だったんですね。描いていて、気持ちが落ち込むシーンも多くて。それで、以前はマンガを描く=つらいというイメージがついていました。でも、森沢さんの作品は温かいシーン、涙するシーンが多くて、心が穏やかなまま描けるんです。マンガに対する負のイメージもなくなり、平穏な気持ちで描けるのがすごく幸せです。

小説とマンガと音楽を同時に楽しんでほしい

No image

原作小説は、2014年『ふしぎな岬の物語』として映画化。1章に登場する虹の絵が映画の小道具として作られ、そのレプリカが店内に飾られている。

――コミックスの見どころについて教えてください。

森沢 原作ファンは、今のところ100%大満足しています。原作者が満足しているんだから、そりゃそうだよね(笑)。

天沼 いや、そんな……。

森沢 原作ファンだけでなく、それこそ小説が苦手な人でも原作と全く同じ温度感で作品を味わい、感動してもらえると思うんですよね。マンガならではの敷居の低さだと思います。

天沼 マンガを描いたいちばん大きな理由が、それなんです。森沢さんの小説を読んで感動した時に、「私はなぜ今まで小説を読まなかったのか」「小説を読まない人は、人生を損している。私は人生を損していたんだな」とさえ思いました。でも、小説を読まない人に「おすすめだよ」と言っても、絶対に読まないじゃないですか。「だったらマンガで描くしかない!」って思ったんです。だからこそ、原作に忠実に描きたいという気持ちが強いのかもしれません。

森沢 単行本だとおまけのマンガもついてるよね。それがまたいいんですよ。

天沼 4ページの短いものですが。

森沢 1章の希美ちゃんとお父さんがその後どうなったのか。心配している人たちが見るとうるっとくると思います。

天沼 2巻以降もおまけはつけたいですね。

森沢 3巻では、特別編も収録されますよね。先日「ダ・ヴィンチ」で番外編を書かせていただいて(17年10月号)。それがコミック化されて最後の3巻に載ります。

天沼 Webにも発表していない特別編なんですよね。いちばんのお楽しみかもしれません。

森沢 あと、作中に出てくる音楽の紹介も入るんじゃなかった?

天沼 私がCDジャケットとアーティストをイラストにして、短めの紹介文を添えています。マンガを読んで音楽に興味が湧いたら、聴いていただけるとうれしいです。小説とマンガと音楽、3つを同時に楽しんでいただければ。

森沢 僕にとっても、このマンガは絶対的な自信作です。それに、コミック化はひとつの夢でした。映画化、ドラマ化されたことはたくさんありますが、初のコミック化なのでとてもうれしいですね。原作は韓国でもベストセラーになったので、コミックも韓国に進出できたらいいなあ。

天沼 多くの方に、森沢作品の魅力が伝わればうれしいです!

取材・構成・文:野本由起 写真:川口宗道

No image

『虹の岬の喫茶店』(1巻)

森沢明夫:作 天沼琴未:画 潮出版社 希望C 630円(税別)

そこは、岬の先端にある小さな喫茶店。店主の悦子さんが切り盛りするこの店には、心に寂しさや痛みを抱えた人が集まってくる。妻を亡くした夫とその娘、就職活動に悩む男子大学生。疲れた心にほっと染み入る、おいしいコーヒーと悦子さんの優しさを召し上がれ――。森沢明夫の原作を、全3巻の予定でコミック化。

原作

No image

『虹の岬の喫茶店』

森沢明夫 幻冬舎文庫 648円(税別)

疲れた心に寄り添い、コーヒーと音楽をそっと差し出す喫茶店がある。就職活動につまずきかけた大学生、食い詰めて泥棒に転身した中年男性、想いを残して東京を離れる老人……。彼らは、店主・悦子さんの温かな思いに触れ、人生に再び希望を見出していく。移りゆく季節と共に語られる、6つの感動ストーリー。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
淫らな風習が残る秘境を舞台にしたホラー「淫蘭島~日本禁忌秘境列伝~」
五味太郎さんによる40年ぶり描きおろしデザイン! 「絵本の世界シリーズ 第1集 きんぎょがにげた」発売
河原和音のLINEスタンプ、「先生!」から「素敵な彼氏」まで4作のキャラ集合
【育児あるあるマンガ】心配させるクイズ
ディーン・フジオカが桂木淳一役で出演する映画『坂道のアポロン』の特報が解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加