都民ファーストの会5人のうち4人落選 葛飾区議選

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14

東京・葛飾区の区議会議員選挙で、地域政党「都民ファーストの会」の公認候補者5人のうち当選したのは1人にとどまり、4人が落選しました。

12日、投票の葛飾区議選には40人の定数に対し、59人が立候補しました。小池知事が特別顧問を務める都民ファーストの会は5人の公認候補者を擁立していましたが、当選したのは1人にとどまりました。都民ファーストの会としては、都議選後に公認候補を擁立した最初の地方議会選挙でした。10月の衆議院議員選挙でも小池知事が立ち上げた国政政党「希望の党」は票を伸ばせませんでした。小池知事は、結果について「それぞれの運動が十分、実らなかったということだと思う。大変、残念」と述べました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」
高額費用が点検の重荷に 非常電源の負荷運転
「おまえ出てるぞ」ニヤニヤピンクの強制わいせつ犯 画像公開直後に出頭
栃木の国道で軽乗用車衝突、9か月女児死亡
軽自動車とワゴン車が正面衝突 9カ月女児が死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加