追い詰められてから強いカブス 記録で見るナ・リーグ地区S

追い詰められてから強いカブス 記録で見るナ・リーグ地区S

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

カブスは勝つか負けるかでシリーズが終わる崖っ縁に立ったゲームでは通算4連勝を飾った。このうち3つは昨年のワールドシリーズで1勝3敗とされながらインディアンズをひっくり返した白星。追い詰められた試合では昨年から勝負強さが光っている。

No image

最後で踏ん張ったカブスのデービス(AP)

デービスの今季の最多投球数は5月24日のジャイアンツ戦で記録した34球。40球以上を投げたのは主に先発を務めていた2013年シーズン以来となった。

昨年同様、リーグ優勝決定シリーズではドジャースと対戦するが今季は2勝4敗。5月26日からは3連敗を喫し、うち2試合は無得点に終わっている。

ナショナルズは4回の地区シリーズですべて敗退。2012年(対カージナルス)が2勝3敗、2014年(対ジャイアンツ)が1勝3敗、2016年(対ドジャース)は2勝3敗で敗れており、まだ一度もシリーズを制覇していない。

なおナ・リーグ優勝決定シリーズは14日にロサンゼルスでスタート。地元のドジャースは中4日、カブスは中1日で初戦を迎えることになるる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】米誌がWS戦力分析でダルビッシュ絶賛「紛れもない圧巻投球」先発軍配は...
好調ダル、WS第3戦先発へ ロバーツ監督「この流れでいきたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加