ATM悪用、偽電話詐欺で500万円 7人を容疑で逮捕、捜査終結 福岡県警

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/01/12

ATMを悪用した偽電話詐欺で総額500万円の不法利益を得たとして、福岡県警捜査2課、小倉北、八幡西署の合同捜査本部は12日、住所不定、無職の男(24)ら、少年2人を含む7人を還付金詐欺(電子計算機使用詐欺)容疑で逮捕し、捜査を終結した、と発表した。

逮捕容疑は、共謀し、昨年4月ごろから6月ごろにかけて、医療費の還付金が戻ってくるかのような偽電話をかけ、被害者にATMを使って現金を振り込ませ、銀行の電子計算機に接続されている磁気ディスクに記録された、容疑者管理の貯金口座の残高を増加させて不実の電磁的記録を作り、合計9件、総額約500万円の財産上不法の利益を得た疑い。

=2018/01/12 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】避難訓練中にも...小学校周囲に米軍ヘリ
「身動き取れず手が股間に...」 中学教師の男を逮捕
白内障で見えづらい... 鹿沼市のひき逃げ事件
警察官が男子中学生に“みだらな行為”処分受け退職
転倒したバイクがガードレールに挟まって大破炎上、運転者は焼死
  • このエントリーをはてなブックマークに追加