橋本千春の勝ち馬ピックアップ!(9/17) ラジオ日本賞、初風特別、汐留特別、他

  • リアルライブ
  • 更新日:2017/09/16

4回中山競馬4日目(9月17日・日曜日)予想・橋本 千春
中山11R「ラジオ日本賞」ダ1800㍍
◎13センチュリオン
○3ディアデルレイ
▲8コスモカナディアン
△1サンライズソア、2メイショウウタゲ
北朝鮮のミサイル発射の後は、台風18号の襲来に戦々恐々だが、台風より怖いのはやはり北朝鮮。国際社会から厄介者扱いされ孤立無援の状況を逆恨みして、自爆テロを企てないか。身の毛がよだつ。馬場状態に気をもむ競馬ファンは可愛いもんだよなぁ。閑話休題。中山1800㍍で全5勝(2着2回、3着1回)を挙げている、センチュリオンが決める。前走のBSN賞6着は、ゲートで隣の馬が落馬した影響で流れに乗れず不完全燃焼に終わったもの。度外視して良い。0秒7差なら巻き返しは十分可能だろう。前走を除けば、今シーズン②③②②着と安定感抜群。好走条件の整ったここは負けられない。

中山10R「初風特別」芝1200㍍
◎13スビールアスール
○11エナジータウン
▲7ペスカネラ
△5タケショウベスト、12アイファープリティ
新人の武藤騎手から、名手戸崎騎手に鞍上強化されたスビールアスールをイチ押し。その前走さくらんぼ賞⑪着は出遅れが致命傷。小回りの福島コースでもあり、0秒8差と不発に終わったのは仕方ない。決して悲観することはない。その点、中山は芝・ダートを含め全2勝を挙げている相性の良い舞台。起死回生の一発が期待できる。

中山9R「汐留特別」芝2000㍍
◎8レッドジェノヴァ
○4イタリアンホワイト
▲1アドラビリティ
△9ジャポニカーラ、12ヨシノザクラ
素質馬のレッドジェノヴァに期待。叩き良化タイプで休み明け3戦目のここは走り頃だ。その前走4着は人気のヨシノザクラ(2着)と0秒1差。巻き返しは必至だ。中山2000㍍も初勝利を挙げた相性の良い舞台。先行抜け出しの勝ちパターンが決まる。

阪神11R「ローズステークス」芝1800㍍
◎1クイーンマンボ
○17ファンディーナ
▲10レーヌミノル
△2モズカッチャン、6リスグラシュー
本命にはクイーンマンボを推す。成績からダート馬のイメージが強いが、そうと決めつけるのは早計だ。3勝の内容がそれを物語っている。0秒5、0秒3、そして関東オークスは0秒9差突き放し周囲の度肝を抜いている。並みの馬にできる芸当ではない。爆発的な瞬発力(3勝とも上り3Fはメンバー最速)は芝でこそ真価発揮される。芝は1800㍍のデビュー戦(経験馬相手に⑭着)1度だけ。その時とは別馬の如し。道悪馬場になればそれもプラスに働くハズ。狙ってみる価値は十分ある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたらヤバいことが起こるらしい...
川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦氏に心境の変化
iOS 11のダウンロードはしばらく待ったほうがいい理由
新サイトでジャニーズへ「宣戦布告」した元SMAP3人
米軍の最新鋭潜水艦「操縦しやすいのでゲーム機のコントローラーに変更」→コストは1000分の1以下に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加