川岸史果2位浮上 1億&逆転賞金女王へ望みつなぐ

川岸史果2位浮上 1億&逆転賞金女王へ望みつなぐ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

8番、キャディーを務める母麻子さんと話す川岸(右)(撮影・柴田隆二)

<女子ゴルフ:伊藤園レディース>◇第2日◇11日◇千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)

今季ツアー1勝の川岸史果(23=加賀電子)が首位と4打差の2位に浮上した。4アンダーの4位から出ると4バーディー、1ボギーの69で回り、通算7アンダー137。今季2勝目、本格参戦1年目の1億円突破、そして逆転の賞金女王に望みをつないだ。

力強いドライバーショットが強風を突き抜けた。1番でバーディー発進した川岸は4番パー4(422ヤード)で中弾道の第1打を放った。向かい風で残り155ヤード地点まで飛ばした。主に他選手がウッドを手にした第2打で5番アイアンを選択。ピン奥10メートルにつけてバーディーパットを沈め、ぐっと勢いづいた。

「ドライバーで風に強い中弾道の技術が身についているので気にならなかった。アゲンストの時に5~6回は打ちました」

高校時代から練習開始したという中弾道ショットは昨年のプロテスト前に敢行した台湾遠征などの経験でも養われた。今大会の総距離はツアー歴代2位の6741ヤード(88年ツアー制度施行後)に設定されたが「(中弾道は)滞空時間も長く、飛距離が出る。うまく転がって飛んだりします」。ツアー6勝の父良兼譲りの飛距離と高いショット技術が躍進の原動力だった。

獲得賞金は約7564万円で賞金ランク7位。日本人では04年宮里藍以来となる本格参戦1年目での1億円超えを目標に掲げる。数字的には今大会で単独2位以上、残り2戦連勝で賞金女王の可能性も残る。首位とは4打差。「福田さんも緊張すると思う。優勝を狙います」と自信をのぞかせた。【藤中栄二】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松山英樹「完璧」今季唯一の日本ツアーで初エース
松山、さすが日本のエース!5位も見せ場作った!自身初のホールンワン達成
「足がフワフワ...」“トランプ&安倍”ゴルフを松山英樹が語る
松山英樹の「最強ライバル」に。元祖ヤングガンのP・カントレーが復活
ケプカ「タイガーの記録破れてうれしい」9打差連覇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加