中村憲剛が7度目のベスト11受賞に「若さに抗う」「37歳でここにいる意味を...」

中村憲剛が7度目のベスト11受賞に「若さに抗う」「37歳でここにいる意味を...」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/06
No image

最多受賞ランキング3位となる7回目のベストイレブンを受賞した中村。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

「2017Jリーグアウォーズ」が12月5日、横浜アリーナで行なわれ、中村憲剛が2年連続7回目のベストイレブンを受賞した。

37歳の闘将が今年もまた、個人タイトルを手にした。ステージ上での受賞者インタビューでは、周囲を見渡し、「(顔ぶれが)どんどん若返っていますね。そのなかでも抗っていきたい。まだまだ頑張ります」と、力強く宣言。ベテランの言葉は会場を大いに盛り上げた。

また、その後に行なわれたベストイレブン記者会見でも、「本当にみんな若いですし、現役の日本代表ばかり。自分が37歳でここにいるという意味を示していきたいですし、年齢は関係ないと思っている。また来年もここにいられるように努力していきたい」と、貪欲な姿勢を見せた。

過去6回のベストイレブンに選出され、昨年はMVPにも選ばれた中村だが、今回はJ1初制覇という悲願を成し遂げての個人タイトルだっただけに、「あとはチームのタイトル、もうそれだけだったので、今年やっと達成できて本当に嬉しい」と喜びもひとしおだったようだ。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【コラム】「ロシアで必ずピッチに立つ」...川又堅碁は“ジョーカー枠”で生き残りなるか
【現役の眼】橋本英郎のハリルジャパン考察「攻と守でなにを優先すべきなのか」
なでしこV逸...北の2発に沈む 世界制したパワー影潜め危機的“凋落”
【戦術解析】またも露呈したハリルジャパンの弱み...守備がハマらなかった時の解決策は?
あまりの惨敗に田嶋会長が激怒!「日本代表選手としての誇りを持ってるのか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加