天然痘ウイルスを保管していたロシアの研究所で爆発事故が発生。バイオハザードの危険性は?

天然痘ウイルスを保管していたロシアの研究所で爆発事故が発生。バイオハザードの危険性は?

  • カラパイア
  • 更新日:2019/09/21

Image by Darwin Laganzon from Pixabay  世界でもたった2ヶ所しかない、天然痘ウイルスを保管する研究所のひとつで爆発による火災が発生したそうだ。 事故は9月16日、ロシア、ノヴォシビルスク州にある国立ウイルス学・生物工学研究センター(Russian State Centre for Research on Virology and Biotechnology)

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加