小柳ルミ子 ブッフォンの涙に「私も泣いた」...イタリアW杯予選敗退に悲鳴

小柳ルミ子 ブッフォンの涙に「私も泣いた」...イタリアW杯予選敗退に悲鳴

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15
No image

小柳ルミ子

大のサッカーファンで知られる、歌手・小柳ルミ子(65)が14日、ブログを更新。サッカー・イタリア代表が59年ぶりにW杯出場を逃したことを嘆きまくった。

「信じたくない!!イタリアの敗退」の投稿。この日は出発する朝6時まではテレビで、移動の車の中ではダゾーンでイタリア-スウェーデン戦を観戦したといい「見届けた ショックだ あのW杯常連国のイタリアが予選で敗退するなんて実に60年振りだと言う 今、世界に激震が走っているに違いない 大好きなブッフォンが人格者のブッフォンが『来年のロシアで代表を引退する』と言っていたブッフォンが本大会に出場せずして代表引退なんて 悲し過ぎる。試合後のブッフォンの涙のインタビュー 私も泣いた」と悲痛な心境を綴った。

試合について「1ゴールも決められなかったイタリア 1ゴールを護り抜いたスウェーデン 改めて1ゴールの重さ 1ゴールを獲る事の難しさを痛感した」と感想。

「イタリアの選手達の気持ちを考えると可哀想でなりません でも、それがサッカーであり社会であり人生なのです」と綴ったうえで「そして改めて 最終節でアルゼンチンを救ったメッシの偉大さを痛感しました。あのプレッシャーの中であの環境の中で3ゴールも決めるなんて普通じゃ出来ない!!本当に神だ 私がリスペクトする神だ」と記した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
後半立ち上がりの2失点目を悔やむ香川「メンタル的にそこで...」
【検証】イタリアはなぜ世界王者から予選敗退まで凋落した? 後編:連盟と育成の機能不全
最強BBCの面影はどこに。3人合わせてリーガの得点ランクは「15」位
こんな異様な光景見たことない!? リヨンの“白きデモ”に賛辞「美しい」「歴史を作れ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加