JALら3社の共同事業にイベリア航空追加 コードシェア拡大のほかマイルアップも

JALら3社の共同事業にイベリア航空追加 コードシェア拡大のほかマイルアップも

  • Traicy
  • 更新日:2016/10/20
No image

日本航空(JAL)、ブリティッシュ・エアウェイズ、フィンエアー(フィンランド航空)の3社が日本とヨーロッパを結ぶ路線で行う共同事業に、10月18日よりイベリア航空が加わった。

共同事業の対象となるのは、日本とロンドン、ヘルシンキ、パリ、フランクフルト、マドリードを結ぶ路線に加え、ロンドンからヨーロッパ内約80地点、ヘルシンキからヨーロッパ内約60地点、マドリードからヨーロッパ内約80地点、日本国内約40地点を結ぶ路線が対象となる。マドリードからはスペイン各地のほかポルトガルへの乗り継ぎでも便利。

JALは東京/羽田〜ロンドン・パリ線と東京/成田〜パリ・フランクフルト・ヘルシンキ線を計週35便、ブリティッシュ・エアウェイズは東京/羽田・東京/成田〜ロンドン線の計週14便、フィンエアーは東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部〜ヘルシンキ線の週21便と期間運航を行う福岡〜ヘルシンキ線の週3便、イベリア航空は東京/成田〜マドリード線の週3便を運航している。

No image

JALとイベリア航空は10月30日から、イベリア航空が運航するマドリードとバルセロナ、セビリア、リスボン、ローマ、ブリュッセル、ミュンヘン、ベルリン、チューリッヒ、ジュネーブなどを結ぶ計21地点との間で共同運航(コードシェア)を拡大する。近日中に、ウェブ上での予約やチェックインを両社のホームページで利用できるようにする。

さらに、共同運賃の販売開始や、JALマイレージバンクの「FLY ONプログラム」でマイルUPボーナスの対象にイベリア航空も追加される。マイレージ積算率も見直し、新たにエコノミークラスの積算率50%の対象クラスを加えた。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ファインモータースクール、楽エコ教習の卒業生エコドライバーが1万8000人を突破
BMWのドレスアップ&チューニング専門誌...BMW MAGAZINE 2017
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は続落、ファーストリテが約35円押し下げ
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加