ヴィッセル元監督、J2得点王も死亡!コロンビア「旅客機墜落」悪天候で燃料切れ

ヴィッセル元監督、J2得点王も死亡!コロンビア「旅客機墜落」悪天候で燃料切れ

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/30
No image

南米コロンビアできのう29日(2016年11月)、ブラジルのプロ・サッカーチーム「シャペコエンセ」の選手・関係者48人らを乗せた旅客機が墜落して75人が死亡した。チームは12月に日本で行われる「クラブ・ワールドカップ」への出場をかけた南米決勝に向かっていた。死亡者の中にはJリーグの元監督、選手も含まれていた。

旅客機はボリビアからコロンビアに向かっていて、悪天候のため何度か旋回をしているうちに燃料がなくなった可能性があるという。墜落地点は空港から50キロのメデジン市の山岳地帯で、6人が生存しており、うち3人がサッカー選手という。

12月に日本で開催「クラブ・ワールドカップ」南米決勝向かう途中

「シャペコエンセ」を率いていたのは、2009年にヴィッセル神戸の監督だったカイオ・ジュニオール氏。また、セレッソ大阪やジェフユナイテッド市原・千葉でプレーし、2013年にJ2の得点王になったケンペス選手(34)もいた。他にも3人の元Jリーガーがいるが、いずれも生存者名簿には載っていない。

1週間前の23日、ジャペコエンセの本拠地は歓喜に包まれていた。南米サッカー連盟主催の国際大会で初めて決勝進出を決めたのだ。選手たちの姿、声がたくさん残っていた。それが一瞬で暗転した。

司会の小倉智昭「ブラジルはショックでしょうね。クラブワールドカップにはレアル・マドリードが来る。それにつながると思うんですが、クラブ選手権の南米代表を決める決勝の地へ向かう時にこの悲劇。本当かわいそうだね。ブラジルでは1部リーグ9位のチームが優勝したので大騒ぎだったわけですよ」

選手22人のうち生存3人

笠井信輔ニュースデスク「選手は22人いたが、生存者は3人です」

小倉「アメリカでは野球チームが飛行機で移動する時、全員が乗る。以前は何かあるといけないと分散したものだが」

デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「チャーター機だと便利ですからね。番記者もカメラも乗れる。今回も21人の記者が乗っていました。客室乗務員が1人助かっているので、状況がわかるのではないいでしょうか」

過去にも何度かサッカーチームの墜落事故はある。1958年にはイングランドの強豪、マンチェスター・ユナイテッドの選手らがミュンヘンで悲劇に会い、23人が死亡したが、チームは10年後に優勝した。

小倉「アメリカのW杯の時も、アフリカのチームが乗った飛行機が墜落して全員が死亡した。スポーツは一緒にいるから犠牲者が多くなる」

深澤真紀(コラムニスト)「めったにあることではないのにね」

南米代表は不戦勝で決まるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
内田が1年9カ月ぶり復帰「サッカー人生取り戻す」
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...
右膝手術乗り越え...内田篤人が618日ぶり復帰、南野のシュートをブロックも
618日ぶり復帰の内田篤人、まずは安堵「とても長かった」
感傷とは無縁の内田が復帰戦で「良かった」と感じたこととは

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加