中邑、地元でWWE王座奪取ならず...またも乱入に泣く

中邑、地元でWWE王座奪取ならず...またも乱入に泣く

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

マハル(左)を挑発する中邑=大阪市内のエディオンアリーナ大阪

「プロレス・WWE」(16日、エディオンアリーナ大阪)

元新日本プロレスの中邑真輔(37)が凱旋試合で“インドの怪人”WWE王者ジンダー・マハルに挑戦して敗れ、日本人では79年のアントニオ猪木以来(WWEは非公認)の同王座奪取に失敗した。

8月22日にもマハルに挑戦し、マハルの盟友シン・ブラザーズの乱入によって敗れている中邑。場内割れんばかりの大声援を受けて入場すると、蹴りの連打、けいれん式ストンピングなども繰り出して攻め込むが、シン・ブラザーズの度重なる介入などによって徐々にペースを握られる。

それでも終盤、中邑はライダーキックをクリーンヒットさせてチャンスをつかむ。そして、必殺技キンシャサ(顔面へのヒザ蹴り)を放とうと滾らせたところに、またもシン・ブラザーズが妨害。中邑は2人を蹴散らしたが、背後からマハルに必殺技のカラス(コブラクラッチスラム)でマットにたたきつけられ、無念の3カウントを聞いた。

試合後、中邑はシン・ブラザーズに暴行されたが、キンシャサをぶち込んで撃退し、溜飲を下げた。続けてマイクを握ると「帰ってきたぜ、大阪!」と絶叫し、「負けちゃったけど、またジンダーとヘル・イン・ア・セル(10月8日のペイ・パー・ビュー大会)で戦う権利を持っている」と、チャンスが残っていることをアピール。最後は「次の(日本)大会こそは、WWEチャンピオンになって帰ってきたいなーっ!そう、また会える。それまで、首を長ーくして待ってて下さい。WWEの、もっともっとスーパースターになって帰ってきます」と、超満員のファンに王座奪取を約束した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田 雪辱へ“トルプルスパー”スタイル変化想定3人と9R
那須川天心×武尊のスーパーマッチは実現困難? 専門家が語る「対戦したら7:3で...○○が勝つ!」
村田諒太、テーマは「緩めず力まず」 エンダムとの再戦へ順調9Rスパー
村田諒太、エンダム戦へテーマは「力まず、緩まず」
インターコンチ王者の棚橋が明かす飯伏指名の理由とは...「俺は飯伏物語の脇役じゃない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加