大阪地震でも「クソ上司」からの出社命令 「日本はおかしい」と嘆きの声

大阪地震でも「クソ上司」からの出社命令 「日本はおかしい」と嘆きの声

  • しらべぇ
  • 更新日:2018/06/19
No image

(©ぱくたそ)

18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする地震が発生。月曜日の8時前という通勤・通学中の地震により、混乱する学生やサラリーマンたちが相次いでいた。

その状況下でも出社を命じられたサラリーマンたちがいるが、中には上司に対して苛立ちを隠せない人もいるようだ。

■「クソ上司」に対する恨みが続出

ツイッター上では、「上司から『歩いてでも会社に来い』と言われた」「クソ上司に出勤を命じられた」など、上司に対する恨みをつぶやく人たちが見受けられた。

地震が起きたって
上司からメールきて
『 皆さん無事ですか?職場の皆さんの無事を確認報告お願いします。』
まではいいやん?
二言目には
『現状で出勤出来ますか?営業出来ますか?報告下さい』
だってよ。社畜の国日本って感じ。
— 妖莉@平日コス勢 (@AyAri_cat)
June 18, 2018
from Twitter

地震おきて彼氏が仕事行けんと判断して家に帰ってきて上司に連絡したのにも関わらず「これが社畜というもの。歩いてきて下さい」と言われ1時間かけて10:00頃職場に到着。なのにお昼頃になると自宅避難と言われ、また1時間かけて帰ってきた。日本はおかしい😭
— るな (@mgr_toki)
June 18, 2018
from Twitter

電車が止まって通勤できない社員に、「遅れても大丈夫だよー」って言う上司。
お前が言うセリフはそれではない「電車が動き次第、そのまま家に帰れ」だ。
本震来るかもしれないのに会社呼んでどうするの。アホなの?家帰れなくなるよ?日本人の地震麻痺おかしい。
— wa_cco👮‍♀️✨ (@wa_cco)
June 18, 2018
from Twitter

■出社を強制する会社は辞めるべき?

地震にも関わらず出社を命じる上司や会社。これを受け、出社を命じるような会社は「辞めていい」との声も。中には、出社を強制されてしまったことから実際に会社を辞めた人も。

上司や会社の本性は、こういった危機的状況にこそあらわれるのかもしれない。

大阪地震のパワハラのツィートを追っていて。東日本大震災で、母親が津波に飲まれ、行方不明になり、1週間会社を休んで、出社した時、ある上司から「いないいない詐欺だろう?」と言われたって。そりゃあ、すぐに辞めるよね。当然だよね。大阪でも起こってるしなぁ。こういう時に、本性って出るよね~
— える・どらど (@el_dorado_arc)
June 19, 2018
from Twitter

この地震をきっかけに、会社のブラック度合いが分かり、辞める知り合い多発🙄
— ぱりんこ@低浮上気味 (@pa_ri_n_ko)
June 19, 2018
from Twitter

地震があって、様子を見させてほしいって言ってるのに会社へ来るのを強制するのはやばい。辞める理由としては十分だと思う。
— ツーカ@仮想通貨始めました (@tuukaman)
June 19, 2018
from Twitter

■上司を「殺したい」ほど憎んだ経験は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の会社員経験がある男女1,006名に「上司」について調査したところ、4人に1人が「殺したいと思ったことがある」と回答した。

No image

(©ニュースサイトしらべぇ)

4人に1人が、上司に対して強い不満を抱えているようだ。

「闇を感じる」「社畜」と言われることも多い日本人だが、悪い意味で「勤勉さ」をあらわす事象といえるのかもしれない。

・合わせて読みたい→新人だから当たり前でしょ? 上司から言われた衝撃の「社会人マナー」に賛否

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20~60代の会社員経験がある男女1006名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「夫が何度も不倫を...」切実な相談と思いきや まさかの衝撃告白に批判殺到
やっぱり猫だからこうなるよね。どこのご家庭でも「あるある」な、やらかした猫たち総集編
ダレノガレ明美の寝起き写真があざとい 吸い込まれそうな谷間に興奮相次ぐ
【衝撃の結末】長野県にある「お見合い露天風呂」で婚活してみたらこうなった
しまむら、客離れ深刻化...ファッション性の欠如が致命的、魅力の「宝探し」感消失
  • このエントリーをはてなブックマークに追加