タイ前国王をしのび 街中に黄色い花 死去から1年

タイ前国王をしのび 街中に黄色い花 死去から1年

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/12
No image

動画を見る(元記事へ)

亡くなった前国王をしのび、バンコクの街が黄色い花で彩られています。

去年、死去したタイのプミポン前国王のシンボルカラーは黄色で、25日から始まる葬儀に合わせて黄色いマリーゴールドを咲かせようという動きが広がっています。
農園来場者:「(この花を見ると)心が静まります。そして、とても寂しい気持ちになります」
バンコクでも黄色い花が至る所に植えられ、商業施設では巨大な祭壇も作られています。弔意を示すため、多くの市民が黒い服を着ていて、葬儀が終わるまで街は黒と黄色で彩られます。13日は前国王の死去からちょうど1年にあたり、各地で追悼行事が行われます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銀座のど真ん中で「カート」事故 観光の韓国人男性
「足でハンドル」「ラーメン食べながら」 東名事故容疑者、元交際相手の証言に衝撃
「ニュース見てないんか」「息子やろが」 東名追突死亡事故、デマ拡散で無関係企業に嫌がらせ 暴走する“ネット私刑”の恐ろしさ
裸足でうつぶせ状態... 静岡県の山中に女性遺体
飲酒暴走「ルールまるで無視」 運転の男に懲役17年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加