IHI運搬機械、慶応大と自走式駐車場での自動運転に関する共同研究

IHI運搬機械、慶応大と自走式駐車場での自動運転に関する共同研究

  • レスポンス
  • 更新日:2018/07/17
No image

沼津工場内 自走式駐車設備イメージ

IHI運搬機械は、慶應義塾大学SFC研究所大前学研究室と自走式駐車設備向け自動運転・自動駐車で共同研究することで合意したと発表した。

自動運転技術の開発は急激に進化しており、駐車場に代表される社会インフラに関しても多様なニーズに対応する技術革新が求められている。IHI運搬機械は、こうした事業環境を好機と捉え、自社工場敷地内に自走式駐車設備を建設し、駐車場事業者として自動運転に対応する駐車場の実証実験に取り組む。

また、慶應義塾大学の大前教授は自動運転と関連技術の研究開発を20年以上手がけ、さまざまな自動運転走行の実証実験に取り組んでいる。

両者は共同研究を通して自走式駐車設備の場内環境で自動運転車が適正に経路認知や駐車するための制御技術に関するノウハウ獲得を目指す。

研究場所としてIHI運搬機械の沼津工場内自走式駐車設備(静岡県沼津市原)と慶應義塾大学の新川崎タウンキャンパス(神奈川県川崎市)で行う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スズキ「ジムニー」を一年待ちでも買うべき理由
電通、日本eスポーツ連合のマーケティング専任代理店に
セブンイレブンを抜いた「NewDays」が、駅の外には出店しない訳
山道も水たまりも快適に走れる 「MERRELL」トレイルランニングシューズ
レオパレス21、入居者のエアコン強制停止発覚...次々露呈の入居者軽視体質は問題だ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加