羽生結弦、午前練習での「バラード第1番」の意図は...

羽生結弦、午前練習での「バラード第1番」の意図は...

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/23

◇フィギュアスケートGPシリーズ第6戦・NHK杯第1日(2019年11月22日 札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

No image

<NHK杯初日>男子SP、演技をする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)

男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)は、109・34点で首位発進した。

羽生は午前の公式練習の終盤、14―15年、15―16年、17―18年シーズンにSPで使用した「バラード第1番」の振り付けで滑り、4回転サルコーとトーループの4―3回転を決めていた。

この日の演技後にその意図を問われると、「オトナルのサルコーとトーループがちょっとマンネリ化しているなというのと、マンネリ化っていうか、やりすぎちゃうと本番で使えなくなるなとちょっと思ったんで、いいイメージのあるバラ1のサルコーと4回転3回転をやって、感覚良く終わろうと思いました」。羽生らしい思考による入念な準備が、本番の鮮やかなサルコーと意地の4―3回転につながっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
チェン世界最高でV3「羽生選手と争えるのは光栄」
ザギトワ、今季ベストで2位発進 平昌五輪女王が「ゼロからのスタート」
佐藤駿が4回転3本成功で逆転V「正直ビックリ」日本人4人目 ジュニアGPファイナル
佐藤駿 日本男子4人目V 4回転ルッツ成功でジュニア世界新「正直ビックリ」
16歳コストルナヤが首位発進 世界最高更新「全て予定通りにできた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加