【トヨタ プレミオ 試乗】人に優しい安定のジャパニーズセダン...島崎七生人

【トヨタ プレミオ 試乗】人に優しい安定のジャパニーズセダン…島崎七生人

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

ドアを開けようとハンドルに手をかけると、裏側が手にやさしい曲面で、しかもそれだけでコトン!とロックが解除された。ボタンを押しながらとか、ある部分に触れながら…といったややこしさがなく、実に人に優しい設計のクルマだ、と思えた。それだけでも。

試乗車は『プレミオ』の最上級モデル「2.0G・EXパッケージ」。シルバーメタリックのボディ色ということもあり、外観はかなり大人しく無難な印象。まあ、この安定感こそが狙いなのだろう。

インテリアも同様。奇をてらわないデザインと、見栄え、手触りともに十分な上質感が実感できる。スタッガード式のシフトレバーが備わるコンソールまわりは木目パターンが似通っていてEクラス「W124」の雰囲気? ピラートリム、サンバイザー、天井等、起毛のトリムにしてあり品質感が高い。オプションの本革シートもシンプルで落ち着いた雰囲気だ。フチをしっかりとかがってあるトランクルームのカーペット、リッド裏のトリムにも品質感がある。

豊かな室内空間も基本は評価したい。ただし個人的にはセダンならAピラーをより立てて手前に寄せたいし、後席ドアの開口部形状(乗降時に頭が通る付近)はもっと水平に後ろに延ばしたいと感じた。かつての『プログレ』のような四角いパーソナルセダンは復権してほしいと思う。

走りは、乗り味に“トロ味”が増せばなおいいが、ある種の路面でロードノイズがかなり低く感じられたりと、クラス相応にはなっている。やや操舵力が重めのステアリングにも安心感がある。2リットルということもあり動力性能は十分で、高速走行時には80→100km/hの加速もスッと行なえるなどストレスがない。

そして燃費のよさ。今回の試乗で満タン法で割り出された数値は17.8km/リットルだった。1.8リットルモデルのJC08モード燃費(16.4km/リットル)を上回るほどだった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
アストンマーティンとレッドブルのハイパーカー、「AM-RB 001」...150台が完売
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル『インプレッサSPORT/G4』
観光客、呼んだはいいが“無責任”エジプト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加